確定申告+スマホ→DXや効率化は誤解です! めんどくせーからスタート!

スマホの利用の仕方次第では、かえって非効率が続きます。


優先すべきは別の選択肢です。

確定申告とスマホ スマホが活躍だが…

スマホは個人の好みで使うツールというよりは、
インフラに近い印象すらあります。

たとえば、コロナワクチン接種の証明。

マイナンバーカードとスマホを組み合わせることで
効率的に接種の証明ができます。
(新型コロナワクチン接種証明書アプリをインストール!)

確定申告でもスマホの活躍する場面は増えています。

令和3年分(2021年分)の確定申告では、

  • スマホでマイナンバーカードを読み取る
  • スマホで源泉徴収票をスキャンする

といった仕組みも導入されます。
(1月4日は確定申告システムがアップデート! 令和3年分はカードリーダー不要!)

確定申告+スマホ→DX(デジタルトランスフォーメーション)や効率化、
という印象です。

上記のケースではスマホの利用が手続きの正常な発展を後押しした
といえます。

とはいえ、スマホの利用が全て好ましいわけではありません。

確定申告とスマホ めんどくせーがベター

2022年(令和4年)も依然コロナ禍です。

確定申告の無料相談でも事前予約が推奨されています。

スマホの LINE アプリを利用して予約する仕組みです。

金沢国税局管内での相談会場や日程は以下の予定となっています。

上記のような確定申告の相談会場の告知や方法をみて、

  • スマホアプリの利用の仕方を調べる
  • 場所や日程を確認する

といった反応は、ちょっと残念です。

むしろ、めんどくせーという反応がプラスになります(笑)。

確定申告は、

  • 1月4日から
  • 国税庁サイト「確定申告書等作成コーナー」から
  • 電子申告が可能

というインフラが整備されています。

言い換えると、

  • 1月中に
  • 自宅で

確定申告を完了させることができます。

確定申告でスマホを利用するといっても、

  • 厳冬期に
  • 事前に予約して
  • 相談会場に赴き
  • 資料を持参した上で確定申告を済ませる

といった状況とは大きく異なります。

また、電子申告ではミスが発覚した場合でも
申告期限までに再度申告する労力も大きくありません

一方、相談会場での確定申告手続きでは、
ミスのリカバリーも負担が大きくなります。

確定申告でスマホを利用するといっても、
電子申告につながらない場合はかえって非効率となります。

確定申告とスマホ 時間の余裕→試行錯誤

確定申告の相談会場への事前予約が本格化するのは、
2月以降です。

確定申告の締め切りは3月15日です。

資料が揃っている、スマホやマイナンバーカードが手元にある
という状況ならば電子申告を試すことをおすすめします。

専門知識が必要なのはシステムの構築や保全の担当者であって、
利用者(納税者)ではありません。

めんどくせーと思いながら電子申告を始めても、
効率化の成果は実感できます

 

蛇足
「めんどくせー」は効率化の原動力です(笑)。

<お知らせ>
セミナー動画販売 副業をされる方も税理士受験者も応援しています!
■オンラインでのやりとりで参考にしてください
「タグ」→「オンライン