確定申告準備は作成コーナーの見学から!
不安を効率よく整理する!

業務処理のストレートな効率化は魅力ですが、
間接的な効率化もあります。

短時間で不安をあぶり出すアプローチです。

金沢の正月仕様?で鏡開き

不安をあぶり出す アウトプット重視で準備

時間に余裕があることが必ずしもプラスではないことがあります。

たとえば、確定申告。

毎年、冬になると全国的な早期の申告の告知をみかけます。

所得税の申告期限が3月15日と年初からは余裕がある印象なので、
かえって着手が遅れがちになります。

とはいえ、着手の遅れはマイナスです。

  • 納税額の確定が遅れる
  • 資金繰りの計画が先送りとなる
  • 申告期限直前でのトラブルに対応できない etc

確定申告に不慣れな方にとっては、準備すら億劫かもしれません。

アウトプットを重視した確定申告の準備がおすすめとなります。

不安をあぶり出す 作成コーナーの利用

確定申告をアウトプットからとらえると以下の2点となります。

  • 決算書
  • 申告書

書面であれ電子申告であれ、決算書と申告書が作成できれば、
申告は達成できます。

決算書や申告書の様式を確認することで、

  • 必要な書類やデータ
  • やるべき処理

といった現状とアウトプットの隔たりが実感できます。

他方、書面での様式の確認には限界があります。

とっつきにくい書面であり、全ての箇所の記入が不要でもあり、
印象に残りにくいことです。

書面を見るだけでは刺激に欠けるとも言えます。

確定申告に必要な準備をアウトプットからとらえるために、
「確定申告書等作成コーナー」を使うことができます。

本来「作成コーナー」はウェブ上で決算書・申告書を作成して、
電子申告するためのサービスです。

一方で、とらえ方次第では決算書・申告書作成のための
準備を示してくれるサービスにもなります。

毎年1月4日に国税庁の「確定申告書等作成コーナー」が更新されます。
 (「国税庁 確定申告書等作成コーナー」で検索)

作成コーナーの「見学」であれば、「印刷して提出」に進みます。

事業所得での申告であれば、まず決算書の作成となります。

令和5年分(2023年分)からは取引先の「登録番号(インボイス番号)」も入力対象
ということがわかります。

減価償却費では対象固定資産のデータを入力する必要があります。

所得税や消費税でも同じように作成コーナーの「見学」がおすすめです。

不安をあぶり出す 効率的に不安を整理する

「作成コーナー」を書類やデータを入力する対象としてみると、

  • 足りない書類やデータ
  • 意味がわからない対象
  • 時間的な余裕

といった漠然としていた不安が明らかになります。

自力で補える対象であれば、早期に着手・解決できます。

「作成コーナー」を確認したところ、手に負えないのであれば、
税理士への依頼を検討することになります。

もやもやとした不安を抱えることはプラスにはなりません。

確定申告が一足飛びに完了するとは言えませんが、
効率よく不安を整理することはできます。

1月以降、確定申告手続きで未着手ということであれば、
「確定申告書等作成コーナー」の確認がおすすめです。

 

蛇足
アイキャッチ画像は「プレミアム・モルツ」です。
お正月に合わせたデザインのためか缶の色の基調が紅白です。
加賀藩前田家とも縁のある梅鉢紋や金沢市でさかんな水引の
「梅結び」も缶のデザインにみられます。
金沢仕様にみえたのは偶然でしょうか?

<ご案内>

■林友範税理士事務所

ご依頼はこちら

■確定申告のお申し込みはお早めに!

確定申告対応サービス

■災害と税金の情報

災害と税金