確定申告は1月4日からスタートが吉です!
確定申告書等作成コーナーで準備!

お正月くらいのんびりすればいいんじゃない?
ともいえますが、

  • のんびり準備して
  • サクサクと申告を済ませる

がおすすめです。

1月4日 事実上のスタート

確定申告のスタートというと、毎年2月16日と決まっています。

メディアでも取り上げられる冬のイベントです。

3月15日の期限までに申告や納税で騒々しくなります。

と言いたいところですが、実態はというと、

  • 準備不足で時間に追われる

といったことが目立っています。

2月や3月(!?)から準備で慌てるのは当然です。

新年であれば「1月4日」からの準備がおすすめです。

「1月4日」が事実上の確定申告スタートと言えるからです。

1月4日 確定申告書等作成コーナーで準備

知る人ぞ知る確定申告のネタに、

  • 還付申告は1月1日から可能

というトリビアがあります。

元旦から税務申告というスタートが幸先として吉かはともかく、
仕組みとして成り立っています。

現実のスタートが「1月4日」になるのは、

  • 「確定申告書等作成コーナー」が年度更新されるから

という理由があります。

国税庁のオンラインサービスである「確定申告書等作成コーナー」は
確定申告のツールとして定着しています。
 (「国税庁 確定申告書等作成コーナー」の検索でヒットします)

2020年(令和2年)のコロナ禍以前より電子申告が強化されています。

  • マイナンバーカード + 「確定申告書等作成コーナー」

による電子申告が効率性や利便性で最有力の選択肢です。

とはいえ、「1月4日」が確定申告のスタートといっても、

  • まだ準備ができていないから使うことがないのでは?

といった疑問がありそうです。

ちょっとした誤解です。

「確定申告書等作成コーナー」を申告書の作成といった「清書」ではなく、
準備段階から利用することがおすすめといえます。

確定申告の準備を進めると、

  • 足りない資料
  • 集計の必要性

といった欠落が明らかになっていきます。

データの不足も困りものですが、気づく間に時間も無くなっています。

「確定申告書等作成コーナー」の「その他」-「印刷して提出」で申告書作成を試してみると、
そうした落とし穴にはまらずにすみます。

「印刷して提出」で作成したデータファイルも手元で保存できます。

1月4日 穴埋と想定を並行

「確定申告書等作成コーナー」を確定申告の準備段階から利用することで、

  • 処理する内容
  • 必要な資料
  • 反映させる集計

といった申告の準備を穴埋式に進められるだけでなく、

  • 負担する納税額

といった想定も並行して可能になります。

振替納税や延納を含めた納税準備を早くから想定できれば
資金繰りを検討する時間が作れます。

「1月4日」を確定申告の準備開始とすることは、一見するとせっかちにみえます。

その一方で、2~3月以降の時間とお金の余裕にプラスになる可能性があります。

ぼちぼち準備を始めてみることをおすすめします。

 

蛇足
令和4年分確定申告の締め切りは、

  • 「3月15日」

となっています。
コロナ感染防止での期限延長は期待しない方が安全です。

<ご案内>

■林友範税理士事務所

ご依頼はこちら

■副業をされている方も応援しています!

副業から始める確定申告セミナー動画