新型コロナワクチン接種証明書アプリをインストール!

DX(デジタルトランスフォーメーション)の成果の一端ですね。

ワクチン接種証明書アプリ 予防と証明はセット!

2021年(令和3年)は前年からのコロナワクチン感染拡大が続きました。

前年からの大きな変化はワクチン接種が進んだことです。

私も8月と9月にワクチン接種を済ませました。

10月以降のウイルス感染者の減少もあり、ほっとしつつあります。

その一方で、自分がワクチン接種をしたことを証明できる仕組みが
必要だと感じていました。

紙による証明書の発行という選択肢もありますが、
日常的に提示するには不便です。

ワクチン接種証明書アプリ インストールはサクサクと

2021年12月20日デジタル庁が「新型コロナワクチン接種証明書アプリ
をリリースしました。

スマホとマイナンバーカードがあれば、

  • デジタルデータの
  • 新型コロナワクチン接種証明書を
  • 国内でも国外でも
  • いつでも提示できる

という仕組みです。

デジタル庁の関連サイトは「ワクチン接種アプリ」検索でヒットします。

接種証明書アプリでできること示されています。

現状、全ての自治体が証明アプリに対応していないので、
あらかじめ確認をとると誤解がありません。

たとえば、私の住んでいる石川県。
完全には対応しきっていないようです。

接種証明書が提示する内容はそれほど多くありません。
とはいっても、海外での証明にも対応できます。

アプリの利用に必要なものは以下の通りです.

  • スマホ
  • アプリ
  • マイナンバーカード

マイナンバーカードの暗証番号は唯一の入力項目です。

アプリのインストールは「接種証明書アプリ」を検索してもできますが、
サイト上のQR コードを読み取りがおすすめです。
LINEのアイコンを長押しして、QR コードを読み取ることで
アプリのインストールにたどりつけます。

インストール後はアプリの指示に従っていくだけです。

この後、マイナンバーカードをスマホに押し当てて
暗証番号を入力すると処理は完了です。

あっけない印象かもしれません。

接種証明書は国内・海外でも使用可能です。
パスポートが手元にあるなら登録する選択肢もあります。

パスポートの読み取りは、スマホのカメラで顔写真あるページを
読み取らせるだけで完了します。

アプリのインストールと一連の処理が完了すると、
証明書が発行されます。

証明書をタップすると、証明内容が表示されます。

ワクチン接種の詳細も記録されています。
(当の本人が初めて確認した内容もあります(笑))

ワクチン接種証明書アプリ DXの成果

ワクチン接種証明書をアプリのインストールや証明書の発行は、

  • スマホにマイナンバーカードを読み取らせる
  • マイナンバーカードの暗証番号の入力

とシンプルな処理です。

あっさり完了してしまうかもしれません。

とはいえ、こうした素っ気ないやりとりもDX(デジタルトランスフォーメーション)
の現実の成果でもあります。

ワクチン接種を済ませた後は、証明書アプリを利用してみると
コロナ禍での怪我の功名を実感できます。

 

蛇足
ワクチン接種の3回目話題になっています。
マイナンバーカードとスマホでアプリの利用が手軽にできるので
証明書の利用が進むかもしれませんね。
ただし、3回目のワクチン接種以降は更新の処理が必要なようです。

<ご案内>

■林友範税理士事務所

ご依頼はこちらから

■副業をされている方も応援しています!

副業から始める確定申告セミナー動画