情報発信をしていると先手だけでなく
「後の先」もとれます!
TwitterのALTとは?

情報を発信する側にまわってみる効果って何?
という疑問や不安を減らしておきたいですね。

発信効果 先手を打てる

  • 情報発信をしましょう!
  • 情報発信が不可欠です!
  • 情報発信は大切です!

なんだかありふれたメッセージにみえます。

とはいうものの、実態はメッセージの裏返しです。

私が所属している税理士業界は約8万人の登録者がいますが、
自ら情報発信をしている方は数%といったところです。

人づてにお客様を紹介していただく商習慣が強いので、
情報通信は頭打ちの状況が続いています。

その一方で、税理士を探している方にとっては、
ウェブ検索は有効な選択肢になっています。

また、人づての紹介では正確な情報が伝わりにくく、
パッとしない伝言ゲームになりがちです。

情報発信の進めることで、

  • ミスマッチを防ぐ

という積極的なアプローチができます。

さらに、情報発信を自らおこなっていることで、
情報発信に対する感度が上がります。

たとえば、Twitterツイッターの「ALT

発信効果 Twitterの ALTとは?

Twitterは利用者が多い上にシンプルに構成されているので、
情報発信に向いています。

私もブログの新規投稿をtweetツイートするようにしています。

Twitterは140字の制約あるシンプルな構成ですが、

  • 画像
  • 動画

といったテキストデータ以外も投稿できます。

ことばやイメージを補う画像が加わっていると、
わずかな情報にも奥行きが加わります。

また、画像には「ALT」の文言がみられるtweetもあります。

「ALT」は代替テキストという機能です。

目の不自由な方やデータのやりとりに充分な帯域が確保できないときに
情報を保管する仕組みです。

「ALT」をクリック・タップすると、テキストデータがポップアップされます。

「ALT」の追加は複雑ではありません。

通常のtweetに「メディア」アイコンより画像を追加します。

画像上の「編集」よりALTを設定できます。

「詳細」にテキストデータを追加することができます。

tweet本文が140字という制約がありますが、ALTは1000字まで入力可能です。

「詳細」に入力した後は、「保存」をしてから「ツイート」より投稿します。

Twitterで「ALT」と検索すると、具体的な利用例を確認できます。

発信効果 「後の先」の機会がある

情報発信をしているとはいっても、手法の全てを知っているわけではありません。

今回紹介したTwitter の ALTも先日まで知りませんでした。

とあるtweetで投稿者が画像の追加情報があることに言及していて、
情報の受け手としてALTを利用しました。

「この手があったか!」と自分の無知に気づいたわけです。

とはいえ、普段から情報発信を気にかけていると、

  • 無知 → 気づき → 試行錯誤

と展開していきます。

無知に気づいてへこむだけでは終わりません。

次の発信に向かってスキルを更新アップデートしていく機会にできます。

情報の発信を続けると、発信者側の目線で感度を上げられます。

 

蛇足
干柿の甘さや質感は「デーツナツメヤシ」に近い印象があります。
干柿は食材としても可能性が多そうです。

<ご案内>

■林友範税理士事務所

ご依頼はこちら

■副業をされている方も応援しています!

副業から始める確定申告セミナー動画