ウェブサイトも大掃除や修繕が必要です!
WordPressプラグインTablePressとCSSカスタマイズ

12月になると「やっておかなきゃ」症候群を発症します(笑)。

気分一新のおすすめです。

完熟の甘さの柿

サイトも大掃除 ぐだぐだの放置状態

掃除や整理整頓は嫌いではありません。

「5S」とは言わないまでも、キチッとした状態は爽快です。

寒い年末に不慣れな箇所の大掃除は愉快ではないので、
普段から分散して掃除をしています。

とはいえ、ぐだぐだの放置状態だった箇所もありました。

私の事務所のサイトです(笑)。

仕事の重要な拠点のはずですが、改修もせず放置状態でした。

年末を前にリニューアル工事を開始することにしました。

サイトも大掃除 TablePressを導入

WordPressは編集機能が豊富です。

ただし、うまく使いこなせるかは別問題です(笑)。

その一つが表(テーブル)の作成です。

エディタのデフォルト状態でも「挿入」‐「テーブル」より作成できますが、
パッとしないデザインです。

自力でHTMLやCSSでテーブルを作成する技量も根性も私にはありません(笑)。

TablePress」はクラシックエディタでも使えるプラグインです。

利用が手軽なことに加えて、下記の利点もあります。

  • サイトとは別にテープルのみの作成や編集ができる
  • CSSでのカスタマイズも可能

TablePressのインストールと有効化後に、テープルを作成します。

後工程での編集も可能ですが、あらかじめ作成するテーブルを想定しておくと、
処理がスムーズに進みます。

テーブルの作成は必要な事項を表計算ソフトのセルに入力する要領となります。

作成後は「ショートコード」をコピーして、サイトに貼り付ければ、
テープルが挿入されます。
 (エディタの「ビジュアル」への貼付けでOK)

サイトを確認の上、TablePressの設定を見直すこともおすすめです。

サイトも大掃除 TablePressをAIでカスタマイズ

TablePressのデフォルトのテーブルでも悪くはありませんが、

  • テープルが横に間延びしている
  • 横幅を調整すると、自動的に中央に配置されてしまう

とちょっと残念な見た目になります。

TablePressはCSSでの見た目の編集も可能です。

「TablePress CSS 〇〇」で編集したい内容を検索してみると、
参考になるコードがウェブで見つかります。

たとえば、テーブル全体の横幅の調整といったCSSが見つかります。

TablePressの「プラグインのオプション」でCSSを反映させると、
テーブルの見た目が変更できます。

私はテーブルの横幅をデフォルトの70%に調整しています。

一方で、検索の時間が惜しいことも事実です。

生成AI「wrtn」でChatGPT4-Turboを利用することもできます。

たとえば、テーブルの左寄せのCSSのコード。

シンプルですが、専門知識なしでは時間を空費することになります。

wrtnとのやりとりは以下の通りです。

回答は私の要求した内容だけでなく、関連したコードも示してくれました。

また、コードの説明も加えてくれるので、利用で詰まることがありません。

サイトのちょっとした改善であれば、AIと試行錯誤で乗り切れそうです。

サイトも大掃除 仕事の棚卸へ!

ウェブサイトの大掃除や修繕を進めていくと、見直しの対象が増えていきます(笑)。

たとえば、提供しているサービス。

あるいは、サービスの料金。

基本的な仕事の考え方に変更はなくとも、制度変更や環境の変化はあります。

当事者としてはわかっているつもりでも、第三者に伝わっていないかもしれません。

サイトのリニューアルは情報発信の見直しのきっかけにもなります

 

蛇足
アイキャッチ画像は完熟した柿です。
正式な品種名は知らないのですが、完熟すると皮がぶよぶよになります。
表面の薄皮を剥がすようにしてゼリー状の果肉をいただきます。

<ご案内>

■林友範税理士事務所

ご依頼はこちら

■確定申告のお申し込みはお早めに!

確定申告対応サービス

■災害と税金の情報

災害と税金