テキスト入力ならMarkdownを試してみる!
WordPressもGoogleドキュメントでもM↓!

時短や効率化は「物は試し」といった肩の力が抜けた状態でも
成果につながります。

「とりあえず」や「ちょっとやってみる」のおすすめです。

テキストならM↓ WordPressで併用

ブログの更新を日々続けています。

私が投稿している記事は1,200~1,500字といった分量です。

いわゆる400字詰め原稿用紙4枚程度といったところです。

手書きで執筆となると、しっかり原稿料を確保したい分量です(笑)。

幸い、パソコンやWordPressのエディタを使用しているので、
入力や編集が負担とはなっていません。

とはいえ、入力や編集の処理を漫然と放置していると時間が喰われます。

私はブログの入力の際には、

  • 音声入力
  • Markdownマークダウン
  • ショートカット

といった時短につながる選択をとっています。
 (WordPressブログの効率的な入力)

テキスト入力はWordPressでのブログの投稿に限りません。

たとえば、レポートやメモの作成。

テキスト主体のデータの入力となります。

ブログと同じく効率化の余地がありそうです。

テキストならM↓ Googleドキュメントでも!

テキスト入力では「Googleドキュメント」も有力な選択肢です。

クラウドで使える上に音声入力にも対応しています。

また、Markdownの利用も可能です。

MarkdownはHTMLでの編集機能を簡略化して扱える技術です。

「ツール」→「設定」よりMarkdownの利用が可能となります。

Googleより公式ドキュメントが公表されているので参考となります。
 (Googleドキュメント、スライド、図形描画でマークダウンを使用する)

下記はMarkdownを利用した例です。
 (上:入力結果、下:入力方法)

「見出し」・「太字」・「打ち消し線」・「リンク」をMarkdownで編集しています。

「打ち消し線」は「チルダ(キーボード右上)」で対象テキストを挟んでいます。

上記の他にも「ナンバリング」や「チェックボックス」も入力できます。

「ナンバリング」は、「半角数字・ピリオド・スペース 1. 」で入力します。

「チェックボックス」は、「角括弧 []」での入力です。

テキストならM↓ とりあえず試してみる!

テキストの入力はタッチタイピングの習得だけでなく、
効率化や時短の余地があります。

Markdownの利用もその一つです。

Markdownは「半角英数」で入力します。

日本語の入力との相性はイマイチといった面があります。

また、一口にMarkdownといってもアプリごとに仕様があります。

Googleドキュメントでは「引用」などのMarkdownは利用できません。

とはいえ、Googleドキュメントに限らず、テキスト入力では
Markdownは試してみる価値があります

文書作成の負担と軽減策が同時に見出だせるかもしれません。

 

蛇足
見出しの表記で使った「M↓」はMarkdownの略号です。
表記まで効率化と一貫しています(笑)。

<ご案内>

■林友範税理士事務所

ご依頼はこちら

■確定申告のお申し込みはお早めに!

確定申告対応サービス

■災害と税金の情報

災害と税金