職場がブラウザChromeならショートカット・拡張機能・ストレージ・ハードも整える!

盛りだくさん(笑)。


先日購入したメッセンジャーバック

職場はChrome 使っているのはブラウザだけ!?

とある日のパソコンに向かっての仕事風景。

とりたてて変わった日ではありません。

上記の仕事はすべてブラウザ Chrome の利用で完結します。

税理士業務ではリアルの事務所は必要ですが、
現状ではパソコンがあれば業務可能です。

インストール型の会計ソフトや税務申告ソフトを例外とすれば、
仕事の環境の大半はブラウザの利用と関連します。

私はGoogle Chrome (クローム)を利用しています。

職場はChrome ブラウザの中を整える

Google Chrome の特徴は、

  • 動作が軽く、サクサク動く
  • 拡張機能が豊富で効率化しやすい
  • Google アカウントと組み合わせると利用の幅が広がる

といったところがあげられます。

かつて「マルチメディア」ということばが飛び交っていたときは、
実際に扱われていたメディアはテキストと画像が大半でした。

ブラウザはインターネットを検索するためのソフトという位置付けです。

しかし、現在では扱うメディアも動画や音声が当然になっています。

ブラウザを利用する(依存する?)割合も大きくなっています。

Google Chrome を扱うためにアプリの利用に対して、

  • ショートカットキー
  • 拡張機能

での運用がプラスになります。

ブラウザを扱うと言ってもキーボードを介することが多いので、
ショートカットキーの利用がおすすめです。

また、拡張機能を使うことでマルチメディアに対応した
ブラウザの利用が広がります。

拡張機能の大半は無料で利用できます。
コスパの良い効率化です。

ただし、拡張機能を詰め込みすぎるとブラウザの挙動が
怪しくなります(笑)。
(拡張機能がメモリを消費してしまうからです)

職場はChrome ブラウザの外を整える

上記のように Google Chrome の運用を整えるだけでも効率化が可能です。

これに加えて、ブラウザの外から環境を整えることもできます。

ハード面では、

  • デュアルディスプレイ
  • 外付けマイクやカメラ

といった機器をパソコンにつなげます。

ブラウザに対する入力やブラウザからの出力を広げる効果があります。

また、ブラウザを利用することとクラウドストレージを組み合わせる
こともおすすめです。

  • Google ドライブ
  • Dropbox
  • Evernote

クラウドストレージのサービスは無料と有料があります。
(私は Dropbox と Evernote で有料サービスを利用しています)

データをローカル(PCやハードディスクなど)に置かないことで、

  • データの消失を防ぐ
  • データの利用をスムーズにする

といった有利性が発揮できます。

仕事を柔軟に効率よく進めるならリモートワークのスキルが活かされます。
(フリーランス・個人事業主はリモートワークが必須です!)

リモートワーク→インターネット→ブラウザとつながります。

Google Chrome を快適に使うことは職場環境の改善になるわけです。

 

蛇足
普段使いのバックまでがChrome(笑)。
よもやよもや。

<お知らせ>
セミナー動画販売 副業をされる方も税理士受験者も応援しています!
■オンラインでのやりとりで参考にしてください
「タグ」→「オンライン