音声読み上げRead Aloudでアンチエイジング

時短や効率化だけでなく、疲れない工夫もおすすめです。
IT利用での眼精疲労対策(笑)。

音声読み上げRead Aloud 視覚情報が多すぎる!

毎日大量の情報やメディアに囲まれています。

いわゆるモーニングルーティンでの視点で振り返ってみても、

  • 新聞
  • 広告
  • 手帳
  • パソコン → 家計簿・メール・SNS
  • スマホ → SNS

といった情報のチェックや処理を行っています。
(テレビは見ていません)

仕事では圧倒的に文字・テキストといった視覚情報の処理が中心です。

視覚情報のインプットは仕事のスタートにはなりますが、
インプット自体はゴールになりません。

大量の視覚情報のインプットで疲労してしまっては、
アウトプットの前に挫折してしまいます(笑)。

インプットの視覚情報過多を音声読み上げ機能で
減らしていくことがおすすめです。

音声読み上げRead Aloud ブラウザとマウス操作だけ

Google Chrome の拡張機能「Read Aloud」を使います。
(Read Aloudは音声読み上げという意味です)

ウェブから拡張機能を追加して、マウス操作だけで利用できます。

無料で利用できる点も魅力です。

ウェブで「Read Aloud」と検索して、該当サイトより拡張機能を追加します。

音声読み上げはウェブサイト全体、選択箇所のみの使い分けができます。

Web サイト全体の読み上げは、ブラウザ右上のRead Aloudのアイコンをクリックすると
開始されます。

選択した部分だけの読み上げは、マウスで読み上げたい部分を選択して、
右クリックすることで可能になります。

Read Aloudのオプション画面より設定が可能です。
(アイコンを選択すれば下記が表示されます)

「音声」は「Google日本語」に設定を変更します。

マウス操作だけでも便利ですが、キーボードからのショートカットも有効です。

play(再生)とstop(停止)はよく使うのでおすすめです。
(Alt+P/Oとキーが隣り合っています)

音声読み上げRead Aloud 疲労する環境とは距離をおく

視覚情報過多かつ抽象度の高い処理を続ければ、疲労するのは
明らかです。

だからといって疲労する環境を放置したくありません。

Read Aloudでの負担解消は、仕事をするなら疲れて当たり前
という暗黙の前提にも抵抗します。

眼精疲労には目薬だけでなく、音声読み上げ機能も有効です(笑)。

 

蛇足
学生の頃、法律の勉強をしようと思いましたが、
「六法」の細かい文字をみて退散しました(笑)。
巡り巡って税理士になってみると、細い文字と
再会することになりました(笑)。

<ご案内>

■林友範税理士事務所

ご依頼はこちらから

■副業をされている方も応援しています!

副業から始める確定申告セミナー動画