Googleドライブをサクサク使う パソコン版Googleドライブを導入

整理整頓がサクサク進みます。ストレス解消。

PC版Googleドライブ 放置しがちなクラウドストレージ

クラウドストレージにはおすすめできる利点があります。

・ハードディスクで必要な物理的管理が不要
・データのアクセス性が機器に制約されない
・契約次第で容量が増やしやすい
・災害に強い

インターネット環境が安定して、安く使えるようになったことも
クラウドストレージの利用を後押しする要因となりました。

私もクラウドストレージを利用しています。
・Dropbox(ドロップボックス)
・Evernote(エバーノート)
・GoogleDrive(グーグルドライブ)

上記の内、DropboxとEvernoteはパソコンとスマホの両方で
日常的に使用しています。
クラウドストレージとはいっても、これまでのローカルストレージの
ハードディスクと異なる印象はありません。

これに対して、Googleドライブはこれまでブラウザ経由でしか
扱ってきませんでした。

Googleのサービスのオマケととらえていたので放置していました。

PC版Googleドライブ パソコン版Googleドライブを導入

Gmailの利用をしていると、添付ファイルを扱うことも増えます。

また、Googleのアプリ(ドキュメントやスプレッドシート)を使っていると
保存の気楽さから、ついGoogleドライブに放り込んだままにしがちです。

そうした状況が続くと、徐々に気がかりになるのはドライブの中身です。

容量は契約次第で増やすこともできます。
(Googleドライブの「保存容量を購入」より100Gで月額250円です)

保存してあるデータなら検索すれば問題ないという見方もありますが、
あまりにぐちゃぐちゃに放置していると、検索する気も失せます。

フォルダやファイルの管理はGoogleドライブでも可能ですが、
ブラウザ上の操作性はイマイチな印象です。

パソコン版のGoogleドライブはそうしたストレスを解消するために
導入しました。

「グーグルドライブ PC」で検索すると以下のサイトがヒットします。

WindowsとMac用のファイルが用意されているのでダウンロード・インストールします。

インストール後にエクスプローラーをみると、「Google Drive」が確認できます。

ローカルのフォルダやファイルと同じように扱えます。

オンラインのクラウドストレージの利点をローカルなPCでの操作性で
補完できます。

PC版Googleドライブ アプリの連携も強化

PC版Googleドライブの導入でストレージの操作はサクサク進みます。

ついでにGoogleアプリの利用もスムーズにしておきます。

上記のPC版Googleドライブをインストールすると、デスクトップに
オフィスアプリのアイコンが表示されます。

アイコンを右クリックでタスクバーにピン留めがスッキリします。

ちょっとした効率化ですが、塵(ちり)も積もれば山です。

 

蛇足
オンラインストレージの魅力が増すほどに、紙資料の取り扱いに負担を感じます。

<お知らせ>
セミナー動画販売 副業をされる方も税理士受験者も応援しています!
■オンラインでのやりとりで参考にしてください
「タグ」→「オンライン