データ形式(CSV・JSON・XML)をExcel用に変換する! おまけ画像データを結合する!

材料さえあればおいしい成果が得られるものでもありません。
データを捌くさばための準備が必要です。


おいしい成果のブルーベリーチョコトースト(ビッケ、石川県小松市)

データをExcelへ データがあれば…、解決か?

「データさえあればなぁ…」とため息が出るときがあります。

たとえば、税務会計サービス。

  • 銀行預金の入出金
  • 領収書・レシート
  • 請求書
  • 控除証明書 etc.

根拠となるデータがないと手が止まります。

一方で、データがあれば必ず処理を先に進められるか?
という疑問もあります。

データの内容や質も重要ですが、「形式」も無視できません。

取り扱えないデータ形式では、手が止まります。

データをExcelへ 種類と変換方法

ウェブ上で入手できるデータでは、

  • CSV(シー・エス・ブイ)
  • JSON(ジェイソン)
  • XML(エックス・エム・エル)

といった形式が目立ちます。

どれもテキストデータで、Excelで利用できます。

とはいえ、上記のデータを直接Excelで利用できません。

Excelで利用するための変換の処理が必要です。

国税庁が運営している「インボイス制度 適格請求書発行事業者公表サイト」
から入手できるデータをExcel 用に変換してみます。

ウェブサービス「Table Convert Online」を利用します。

■CSV

「Comma Separated Values」という「,(コンマ)」でデータを区切っています。

変換の手順は、変換したいメニューを選択後

  1. データをアップロードして、
  2. データを確認して、
  3. ダウンロードする

とシンプルです。

下記のようにExcelファイルに変換されます。

■JSON

「JavaScript Object Notation」というキーと値のセットとなった形式です。

WebAPIで提供されるデータ形式としてよく使われています。

Excelへの変換方法は上記CSVと同様です。

■XML

「Extensible Markup Language」といった「<></>(タグ)」でデータを記述します。

Excelへの変換はExcelの「ファイル」よりXMLファイルを開く処理となります。

シンプルな処理にみえますが、処理に時間を要するようです。

データをExcelへ ベストは要らない

ウェブでデータ形式をExcel用に変換する方法を検索すると、
上記で紹介した以外の方法もヒットします。

どれがベストか?、と目移りしてしまいます。

汎用性のあるデータ形式だからこそ手段が多いのかもしれません。

データの取り扱いでの安全性や確実性、効率性から
手段を選択することになります。

データを変換する目的は変換した後のデータの利用やその結果です。

データ形式の変換にベストを求める必要はないと考えると、
ちょっと気が楽になります。

 

蛇足
本文では「公表サイト」からのデータ入手関連の画像データを
1つにまとめて紹介しました。

ウェブサービス「フォトコンバイン」で処理しました。

まず、対象の画像データを入力アップロードします。

次に出力イメージを調整します。

最後に「保存」よりダウンロードします。

サクッと画像をまとめることができます。

<お知らせ>
セミナー動画販売 副業をされる方も税理士受験者も応援しています!
■オンラインでのやりとりで参考にしてください
「タグ」→「オンライン