GoogleスプレッドシートでJSONを変換する! アドオンSimple JSON Import おまけPixel Art

「Google」にプラスアルファといっても「拡張機能」だけじゃありません。

アドオンでJSON 手段とツールは多い方がいい?

今時の税理士というと、パソコン1つあれば仕事ができる
と思われるかもしれません。

ペーパーレス化やオンラインミーティングに慣れていれば
あながち外れていません。

とはいえ、パソコンさえあれば仕事ができるという見方には
ちょっとした漏れがあります。

利用するソフト、

  • アプリケーション
  • オンラインサービス
  • プログラミング言語
  • オンラインストレージ

といった選択は必ずしも1つではありません。

むしろ、複数の選択肢を使い分けることがプラスになる
といった可能性もあります。

たとえば、JSON形式のファイルの取り扱い。

アドオンでJSON Google スプレッドシートを強化

WebAPIといった仕組みで提供されるデータでは
JSONジェイソン」によるファイル形式が目立ちます。

データの入手できる間口が広がる点では歓迎できます。

反面、入手したデータを利用するためにExcel用に変換する
といった工程が必要です。

ウェブサービスを利用する選択肢があります。
(データ形式(CSV・JSON・XML)をExcel用に変換する!)

また、Google スプレッドシートを利用することも可能です。

Google スプレッドシートには「アドオン」といった
機能を拡張する仕組みがあります。

Google Chromeの「拡張機能」のようにウェブより
特定の機能だけを追加することができます。

Simple JSON Import」もそうしたアドオンの1つです。

Google スプレッドシートの「拡張機能」→「アドオン」より
取得できます。

「Google Workspace Marketplace」より検索と取得できます。

「JSON」を検索すると「Simple JSON Import」がヒットします。

無料でインストールできます。

インストールすると「サイドパネル(画面右)」にアイコンが表示されます。

アイコンをクリックすると下記の利用が始まります。

ます入手済みのJSONファイルをアップロードします。

アップロードが完了すると、どのように出力するかを選択します。
(「key」をフラット化する、という処理です)

下記は値に対応しているkeyを全て選択しています。

JSONファイルがGoogle スプレッドシートにインポートできるようになったので、
データをインポートします。

JSONファイルを変換した結果が無事Google スプレッドシートに出力されました。

アドオンでJSON 特徴と限界で使い分ける

JSONファイルの変換は、

  • Excel
  • ウェブサービス
  • プログラミング言語

といった選択肢があります。

Excel?(笑)、といった身もふたもない選択肢もあります。

残念だったのは、上記機能の操作と私の相性がいまいちで、
冴えない出力結果だったことです。
(今後の課題です)

今回利用したGoogle スプレッドシートのアドオン「Simple JSON Import」は
操作に詰まることがありませんでした。

とはいえ、若干の不満もありました。

JSON形式のデータが全て一挙に変換されず、追加の処理が必要だったことです。
(対象データが少なければ問題ないはずです)

万能のソフトやサービス、ツールに期待したい気持ちはあります。

反面、限界や制約ともなる特徴を理解した上で利用する
といった考え方があると柔軟性が増します。

とりあえず一歩前進です!(笑)。

 

蛇足
Google スプレッドシートのアドオンといっても仕事関連だけ
というわけではありません。

たとえば、「Pixel Art」。

ピクセルアートを作成できるアドオンです。

  1. 画像をアップロード
  2. 通常の着色か絵文字かを選択
  3. 出力

下記は一例です。

気分転換にどうぞ(笑)。

<お知らせ>
セミナー動画販売 副業をされる方も税理士受験者も応援しています!
■オンラインでのやりとりで参考にしてください
「タグ」→「オンライン