貸借対象表や資産と言われて目が泳いでいませんか?

目が泳ぐと、眠気にたどり着きます(笑)。


鳴き声は目が覚めそうですが…

資産で眠気 前のめりの損益、眠気の貸借?

税務会計業界で応対するお客様といえば経営者です。

個人事業主であれ、会社の社長であれ応対には
気を遣います。

私は毎月の処理や決算処理の後での報告の際の
社長の表情の変化を注意してみています。

経営状況や業績の報告の内容とは別にして、報告対象の
種類によって社長の表情が明らかに変化します。

損益計算書の報告では、

  • 目がカッと開き
  • 姿勢が前のめりになり
  • 損益の動向を指差し確認

と集中していることが傍目からも明らかです。

一方、貸借対象表…

目が虚(うつ)ろに泳ぐことが少なくありません(笑)。

「そっち(貸借対照表)はいいよ」と言われることもあります。

資産で眠気 お金からスタート

貸借対象表(たいしゃくたいしょうひょう)は字面からも
近寄りがたい印象かもしれません。

貸借対象表は、事業の財政状態を表しています。

貸借対照表をざっくりおさえるなら、

  • 資産
  • 負債

を確認することになります。

負債は資産に比べて直感的にわかりやすい印象
があります。

  • 買掛金
  • 未払金
  • 借入金

上記はどれも将来の支払対象、お金の支出対象
という点で共通です。

これに対して資産はごちゃごちゃしている印象
かもしれません。

事業のスタートから資産をとらえると見通しが
良くなります。

事業開始時に1,000万円あった場合、仕訳では

  • お金 1,000 / 資本金 1,000

と処理します。

お金1,000という資産があるわけです。

事業用の機械を400万円で買った場合、仕訳は

  • 機械 400 / お金 400

という処理になります。

お金は、1,000-400=600と減りますが、資産全体では

  • お金 600
  • 機械 400

と総額では変化していません。

お金という資産が機械という資産に変化した、
振り替えられたわけです。

加工の外注で300万円の売上があり、翌月入金ならば

  • 売掛金 300 / 売上 300

とお金を請求している売掛金が資産として表示されます。

このときには売掛金が資産を増加させています。

  • お金 600
  • 売掛金 300
  • 機械 400

貸借対照表の資産はごちゃごちゃと抽象的と
敬遠されがちです。

しかし、資産のなかみは上記のような事業活動の
成果の累積です。

資産で眠気 リアルが累積

貸借対照表が損益計算書よりもわかりにくいのは、

  • 損益計算書よりも抽象的な印象
  • リアルが累積している

という点です。

抽象的な印象は、勘定科目のなかみを確認すると
具体的な取引が思い浮かびます。

取引のリアルな累積は単年(1年)の貸借対照表だけでなく
引き継がれます。
(上記の例では、機械を買った場合)

経営の損益状況の推移をとらえるときには、
過去3~5年の損益計算書を並べて比較します。

同じように貸借対照表も期間比較の対象です。

  • 資産や負債の規模(金額)
  • 資産や負債のなかみ

上記の過去から現在の変動は経営の変化を表します。

眠気を感じさせないリアルなデータです。

 

蛇足
経営を続ける限り、事業の成果は貸借対照表に累積します。
資産は会計処理の仕訳や振替を知っていると、
わかりやすくなります。
(会計処理の「仕訳」を理解していると経理がわかりやすくなります!)

今週のスタエフ

<お知らせ>
セミナー動画販売 副業をされる方も税理士受験者も応援しています!
■オンラインでのやりとりで参考にしてください
「タグ」→「オンライン