対話AI「ChatGPT」で税理士は不要になるか!?Chrome拡張機能で利用可能!

22世紀以降の「税理士不要論」の新手かもしれません。

まずはお手並み拝見です。

ChatGPT AIが身近になってきた

かつてSF世界の技術だったAIとの距離が
グッと狭まってきています。

私が最近体験した AI だけでも、

  • 「AI Programmer」
  • 「Midjourney」

があります。

専門知識が不要、オンラインで無料にも関わらず
期待以上の成果がみられました。

ChatGPT」は上記のAI以上の成果が実感できる
対話型AIです。

上記と同じく、ウェブで無料で利用可能です。

ChatGPT 利用開始手順

「ChatGPT」はユーザー登録して利用することになります。
 (Google アカウントで可能です)

開発元のOpenAIよりユーザー登録をしていきます。

2段階認証が求められるので、電話番号も通知します。

スマホのショートメールに暗証番号が送られてきます。

利用目的を尋ねられます。

私は2番目の個人利用を選択しました。

無事ログインすると、以下の画面に移ります。

ChatGPTの出力結果が完璧ではないことが留意点として示されています。

ChatGPT お手並み拝見

準備が整ったところで本番開始。

下記画面の下部よりChatGPTへの質問を入力します。

12月の税理士業界の「季語」の「年末調整」をお題にしてみました。

結果は以下の通りです。

整然とした日本語ですが、「年末調整」の意味としてはピントはずれです。

残念な評価としてのアイコンをクリックすると、フィードバックが可能です。

ChatGPTは税務会計分野での問いに対して、

  • 整然とした日本語で回答してくれる
  • ピントはずれの回答が目立つ

といった結果がみられました。

その一方で、一般的な問いには期待以上の成果を出してきます。

年賀状の文面サンプルだけでなく、利用の留意事項も示してくれます。

ChatGPT Chromeでも利用可能

ChatGPTはGoogle Chrome の拡張機能としても利用できます。

上記の利用開始手順が完了している場合であれば、
拡張機能をインストールするだけで利用できます。

下記はよく似ていますが、別モノです。

ChatGPTの拡張機能は、

  • Chrome を利用した検索結果とともに、
  • 検索結果の右側に
  • テキストデータで

表示されます。

たとえば、「Python テキスト 音声化 コード」で検索した場合。

!!!っ!?、という回答が表示されました。

下記は以前私が実行したコードです。
 (学習・スキルアップの禁句とは?)

「gtts」のインストール以外のコードではChatGPTの示したコードと一致しました。

扱う分野によっては期待以上の成果がみられます。

ChatGPTはGoogle Chrome の拡張機能として利用すると、
検索の効果の底上げにつながります。

ChatGPT 敵?、パートナー?

現状(2022年12月)のChatGPTの成果をみる限りでは、
AIによる「税理士不要論」の実現は難しそうです。 😛 

とはいえ、法律・通達・判例・タックスアンサーetc.
といったデータを反映させることで成果は変わるはずです。

質問-回答の応答だけで税理士業が成り立っているなら、
ChatGPTは不俱戴天ふぐたいてんかたきとなりそうです。

他方で、税務会計の知見を扱うサービス業務としては
ChatGPTの利用は味方にもできそうです。

「with AI」での税理士業が試行錯誤の課題になりそうです。

 

蛇足
ChatGPTを利用して面白さと不気味さを感じることの一つに
「いかにもありそうな」誤情報が出力されることです。

AI利用の「自家中毒」も課題になりそうです。

<ご案内>

■林友範税理士事務所

ご依頼はこちら

■副業をされている方も応援しています!

副業から始める確定申告セミナー動画