不動産データはオンライン・キャッシュレスで入手!
登記情報提供サービスとゼンリン住宅地図

重いテーマだからこそ、初動は軽くしたいわけです。

デジタルデータの強みも活かせます。

おいしくいただく甘柿

不動産データ データの入手に期待することは?

税務会計で関わる不動産関連のデータは「地代家賃」が目立ちます。

取引の金額が確認できればOK、とシンプルなデータです。

それとは別に、相続が発生すると不動産関連のデータは
質・量ともに重い存在となります。

だからこそ、データの収集には負担を軽くする工夫に魅力を感じます。

データの入手には、

  • オンラインで
  • キャッシュレス決済で
  • 活用しやすいデジタルデータ

というスタイルが望ましいわけです。

  • ゼンリン住宅地図出力サービス
  • 登記情報提供サービス

といった選択肢が有効になります。

不動産データ ゼンリン住宅地図出力サービス

ゼンリンが提供している住宅地図データは、

  • ゼンリン住宅地図出力サービス

というオンラインサービスで入手できます。

住宅地図データの小売対応サービスともいえます。

メリットは以下の通りです。

お値段は定額でクレジットカード利用のキャッシュレス対応です。

出力したいエリアを画面をみながら選択できます。

提供されるファイル形式は PDF ですが、

  • 複製許諾-あり・なし
  • モノクロ・カラー
  • サイズ

と選択肢があります。

クレジットカード決済の手続きが完了すると、
自動的にデータがダウンロードされます。

紙の住宅地図と同じデータとはいうものの、

  • コピーでの不備や歪みが無い
  • 拡大による閲覧が容易
  • 保管時の劣化がない

といったデジタルデータのメリットが享受できます。

不動産データ 登記情報提供サービス

不動産関連のデータの入手といえば法務局ですが、

  • 出向く必要がある
  • 申請や購入の手間がかかる
  • デジタルデータではなく紙資料

とマイナス面が目立ちます。

現金決済というだけでなく、

  • 現金支払い→収入印紙購入→収入印紙添付

といったフローもパッとしません。

不動産データの入手には、下記が優先です。

  • 登記情報提供サービス

利用には登録が必要ですが、「一時利用」の選択肢もあります。

ただし、以下のような利用上の制約があります。

  • 当日限定
  • メールアドレス必須

さらに、決済はクレジットカードの利用のみです。

「請求事項入力」画面より希望するデータを入力します。

請求事項では、通常の住所地番とは異なるデータが求められます。

また、請求を希望しても該当データが無いケースもあります。

データの取得が完了すると、サイトよりダウンロードできます。

法務局に赴いて、窓口でもたつくことを考えると、
オンラインでの請求はサクッと進む印象があります。

相続税関連の資料は事業・ビジネスと比べて、

  • デジタルデータより紙資料が多い
  • 依頼者の手元に無い資料が必要
  • 複数の役所が関連する

といった特徴があります。

情報やデータの入手・保管・利用での負担が大きくなります。

オンラインサービスとキャッシュレス決済の利用を選択することで、
負担を軽減して重要度の高い業務に力点が置けます。

相続税関連業務といっても、

  • オンラインサービス
  • キャッシュレス決済

での魅力が活かせる面があります。

 

蛇足
ゼンリンが提供している「ブルーマップ」はマニアックですが、
相続税での参照資料として知られています。
しかし、通常の住宅地図とは異なり、全ての地域で提供されていません。
私の住んでいる北陸三県では、

  • 富山県-該当なし
  • 石川県-金沢市
  • 福井県-福井市

と限定的な提供です。

<ご案内>

■林友範税理士事務所

ご依頼はこちらから

■副業をされている方も応援しています!

副業から始める確定申告セミナー動画