AIでご先祖様を復活させる!? ゆるく始める相続家族会議

お正月やお盆におすすめのネタです。

ご先祖様復活!? ゆるい会話してますか?

「相続 家族会議」ということばが並ぶと気が重くなるかもしれません。

あるいは「犬神家の一族」を連想しそうです(笑)。

家族とはいえ相続の話では、

  • 死生観や人生観
  • お金や財産

といった重いテーマが中心にあります。

ほったらかしにはできないテーマですが、
ストレートすぎるやりとりも避けたいところです。

そうしたときに利用しやすい素材が家族写真です。

昔の懐かしい写真を現代の技術でリニューアルしつつ
会話のきっかけができます。

ご先祖様復活!? ディープフェイクでご対面

ITやAIの延長で知られるようになった技術にディープラーニングがあります。

さらに最近ではディープラーニングを応用(悪用?)したディープフェイク
も話題になっています。

一見すると高レベルなインテリジェンスやテクノロジーの話題です。

オンラインでのサービスでノーコードで利用できます。

「MyHeritage」社によるオンラインサービスの一つです。
同社は家系図作成サービスなどを提供しています。

以下のオンラインサービスは無料でも使用できます。

Gmail アカウントで登録すると利用できます。

「写真」より画像の加工ができます。

たとえば、「Animate photos」では1枚の顔写真から動きをつけることができます。

スマホやパソコンで写真を取り込み、アップロードするだけで加工できます。

元の写真はこちら。

動いてます(笑)。

作成されたファイルはMP4でのダウンロードも埋め込みも可能です。
(上記の動画は約3M程度です)

フィルムから作成された写真は時間とともに劣化します。

「Colorize photos」ではモノクロ写真をカラー化することができます。

写真上のカーソルを移動すると画像の変化を確認できます。

「Enhance photos」ではピンボケした写真を鮮明にする加工もできるようです。

存命の家族だけでなく、既に他界している、自分の知らない家族とも
AI経由で会えるかもしれません。

ご先祖様復活!? ゆるく始めても記録する

相続の話をお金や財産からストレートに始めることは反対です。

その一方で、会話だけをとりとめもなく進めても
相続の不安は解消しません。

相続に関連した情報やデータは記録することがおすすめです。

たとえば、家系図

Myheirtageのサイトでも家系図作成のサービスが利用できます。
(ただし、デフォルトは名-姓の表記だったりします)

Google スプレッドシートを使っても家系図の作成ができます。
(俺って相続人だっけ? 相続の前段階の準備)

家族での相続のやりとりをゆるく始めることと
成果を残していくことは矛盾しません。

昔の家族写真があるなら、とっかかりになるかもしれません。

 

蛇足
写真とフィルムが結びつくイメージをもっていると、
AIかつノーコードで写真が復活・応用できることに驚きます。

<お知らせ>
セミナー動画販売 副業をされる方も税理士受験者も応援しています!
■オンラインでのやりとりで参考にしてください
「タグ」→「オンライン