記帳指導でツールを変える理由とは? オリジナル・Canva・slidesgo・Miro?

選択肢に翻弄されています(笑)。

ツールを変える 2022年も参加予定

毎年7月から8月にかけて税理士会の支部より税理士に対して
記帳指導」の募集があります。

個人で事業をされている方で、経理や確定申告に不慣れな方に

  • 日々の経理
  • 1年間の決算処理
  • 電子申告による確定申告

といった一連の税務会計処理をサポートするサービスです。

私の所属している支部では10月から記帳指導が始まり、

  • 月1回
  • 1回につき90~120分
  • マンツーマンレッスン

という運営スタイルです。

関連
記帳指導で白色申告から青色申告へ 経理の壁を越える
記帳指導を利用するなら限界も知っておく!

私は過去2年、記帳指導の税理士として参加しており、
2022年度も参加の予定です。

ツールを変える 変化をとり入れる

記帳指導は受講される方の経理や申告の自立支援です。

自立を支援するということで、

  • 記帳・決算・申告への対応
  • 消費税の取り扱い

と指導(レクチャー)の対象や準拠枠は決まっているものの、

  • どのように
  • どんな教材で

指導(レクチャー)を進めるかは決められていません。

記帳指導ではマンツーマンでの支援を進めるので、
準拠枠に沿いつつ受講者に合わせたサポートとなります。

たとえば、ある程度経理や申告処理に慣れている方であれば、
レクチャー用の資料は焦点が絞りやすくなります。

一方、経理や申告の知識や経験がこれまでなかった場合、
業務や記帳指導に対応した資料の準備が有効になります。

2021年度(令和3年度)の記帳指導ではスライドの作成に
Canva(キャンバ)」を利用しました。
(資料作成のセンスはCanvaでなんとかする!)

ゼロからの作成だけにオリジナリティがあるわけではありません。

センスのない、ぱっとしない、映えない、イケていない、残念なスライドより
定評のあるテンプレートの利用が有効です。

テンプレートの利用は有効な面がありますが、
一方で変化はとり入れた方が良いと思ってます。

ツールを変える 別の可能性に気づく!?

慣れたツールを使うことは効率性でメリットがあります。

反面、特定のツールに慣れすぎると、

  • 他のツールが使いづらくなる
  • 新しい仕組みや機能を利用できない
  • 対応の幅が固定される

といったマイナス面も出てきます。

テンプレートの利用といっても、サイトを変えてみる
という選択肢もあります。

たとえば、「slidesgo

Google アカウントがあれば無料で利用できます。

テンプレートはGoogle スライドでもPowerPoint でも扱えます。

PowerPoint で以下のように編集ができます。

また、コロナ禍以降オンラインミーティングも定着しました。

記帳指導が秋から冬にかけて行われるということもあり、
雪国(石川県)ではオンラインへの対応もプラスになります。

Miro」はオンラインでのコミュニケーション向けのツールです。

オンラインでのホワイトボードといったツールです。

上記のツールを2022年度の記帳指導で利用するかは
まだ決定していません。

とはいえ、記帳指導で利用するツールを変えてみることで、
これまでになかった可能性に気づくかもしれません。

あえて変化させることもおすすめです。

 

蛇足
私の所属している支部では、どの税理士がどなたを担当するかは
担当の役員が割り振っています。
税理士にとっても記帳指導受講者にも、「ガチャ(運次第)」の感があります(笑)。

<お知らせ>
セミナー動画販売 副業をされる方も税理士受験者も応援しています!
■オンラインでのやりとりで参考にしてください
「タグ」→「オンライン