「○○.new」でGoogleもオフィスもPDFもショートカット!

もっと速くて、もっと良い。

「○○.new」 ブラウザ→アプリの高速アクセス

日々パソコンを使います。

パソコンを使う環境ではインターネットアクセスがもはや前提であり、
ブラウザの利用は必須です。

ブラウザの操作性を高めることが処理の効率化につながります。

ブラウザの利用というと検索が思い当たります。
(ブログもメールも「超」検索! Google Chromeの設定方法)

さらにブラウザからオンラインでのアプリへのアクセスも可能です。

「○○.new」 Googleアプリに高速アクセス

オンラインのアプリではGoogleのサービスが魅力です。

・機器の制約を受けにくい
・アプリ間の連携がしやすい
・基本的に無料で利用できる
といったメリットがあります。

Googleドキュメントやスプレッドシートも処理だけでなく、
データの共有でも魅力があります。

これらのアプリをタスクバーにピン留めしておくことは
以前紹介しました。
(Googleドライブをサクサク使う パソコン版Googleドライブを導入)

今回紹介するのは、検索バーからのショートカットアクセスです。

○○.new」でアクセスします。
○○にはアクセスしたいアプリが当てはまります。

Googleのアプリでは下記が対象となります。
・ドキュメント→doc.new
・スプレッドシート→sheet.new
・スライド→slide.new
・カレンダー→cal.new
・Meet→meet.new
・Jamboard→jam.new
・Google Apps Scripts→script.new
・Keep→Keep.new

拡張機能の追加や設定の変更などは不要です。

Googleアプリを使う方にはおすすめです。

「○○.new」 MicrosoftオフィスもPDFもメモも

上記の「○○.new」はGoogleアプリ以外でも使えるサービスが
あります。

たとえば、Microsoftオフィス。
・ワード→word.new
・エクセル→excel.new
・パワーポイント→ppt.new

PDFファイルへの変換は、「pdf.new」です。

ブラウザを利用中にメモをとりたい場合、新規タブを開き「text.new」で
メモが入力できます。
メモはGoogleドライブに保存可能です。

こうした「○○.new」は他にもあります。
(たとえば、メルカリは「mercari.new」)

ブラウザでの処理が多い方は下記よりその他の「○○.new」を
調べてみると参考になります。

「Google Registry」→「Sitemap」→「.new」→「Learn more about .new」

よく使うアプリでの「○○.new」が利用できるかもしれません。

 

蛇足
ブラウザの検索バーアクセスへのショートカットは、Ctrl+Lです。

<お知らせ>
セミナー動画販売 副業をされる方も税理士受験者も応援しています!
■オンラインでのやりとりで参考にしてください
「タグ」→「オンライン