お盆休みにこっそりスキルアップする方法とは? ハードルを下げてみる

学び直し・リカレント・リスキングが必要と言われるほど、
気が重くなるかもしれません。
とっかかりの負担を小さくしてみる選択もあります。


食べる対象(笑)

スキルアップ やっておけばよかった…

もっと早くにやっておけばよかったと後悔することがあります。

たとえば、夏休みの宿題(笑)。

あと一週間あれば…、とカレンダーを眺めた方も少なくないはずです。

あるいは、スキルアップ。

資格やICTスキル、外国語などでのスキルアップの必要性は
仕事をしていくと高まります。

資格や特定のスキルであれば、

  • 資格スクール
  • セミナー
  • 書籍
  • ウェブサイト(ブログ・動画・SNS)

と解決のルートがあります。

一方で、解決に戸惑う対象は、

  • 調べる
  • 考える・比較する・まとめる
  • 伝える・発表する

といったスキルアップだったりします。

関連:同業者も異業種も研究してみる価値があります!
断片的な情報をどうやって利用するか?

どんな仕事でも上記のスキルは必要なはずですが、
大人になってみると、「やっておけばよかった」と
棚上げしがちになります。

スキルアップ キッズネットを利用する

スキルアップの目標が定まっている場合でも、
ストレートにゴールを目指さない選択もあります。

たとえば、税理士資格。

1年に1回(8月)だけの試験だけを目指す選択だけでなく、
日商簿記3級合格といった目標からのスタートもおすすめです。

大人のスキルアップといっても素材や教材の選択は自由です。

たとえば、「Gakkenキッズネット」。

子ども用と誤解されそうです。

「キッズネット」は小中学生と保護者・教員を対象としたサイトです。

保護者・教員、つまり大人もサイトの対象です。

キッズネットの「自由研究」にスキルアップのヒントがあります。

「進め方のコツ」では、

  • 調査や研究を4つのステップに分解して、
  • テーマ設定→調査→まとめ→発表の順で

必要とされるスキルを提示しています。

また、「まとめ方のコツ」→「パソコンでまとめる」では、

  • パワーポイントのテンプレート
  • パワーポイントの使い方動画

といった提供もされています。

サイトや提供されているコンテンツの体裁は子ども向けですが、
実行するスキルでは年齢差を感じさせない内容です。

スキルアップ とりあえずアウトプット

大人の残念なスキルアップあるあるでは、

  • ビジネス書を読んだだけ
  • セミナーを受講しただけ
  • 教材を買っただけ
  • 聞きかじり

といったことがあります。
(残念ながら私はすべて経験済みです(苦笑)

残念なスキルアップ(スキルアップもどき)では、

  • アウトプットの欠如

といった特徴が共通しています。

パクリでもコピーでもテンプレートの利用でもよいので、
何らかのアウトプットが欠かせません。

調べる・まとめる・伝えるといったスキルは仕事上必要ですが、
手をつけにくい対象です。

キッズネットを手掛かりにしてみると、スキルアップのハードルが下がります。

 

蛇足
キッズネットでは下記のようなコンテンツも提供されていました。

財務省とのコラボしたコンテンツのようです。
参考サイトは大人向けといえる内容です。

<お知らせ>
セミナー動画販売 副業をされる方も税理士受験者も応援しています!
■オンラインでのやりとりで参考にしてください
「タグ」→「オンライン