帳簿や申告書を手書きしたくなったら、ちょっと一呼吸しましょう 塵も積もれば山です!

やる気に水を差すわけじゃありません。
むしろ煽(あお)ります。

手書きしたい 否定できないもやもや

税務会計サービスで対応する業種や業態はさまざまです。

応対するお客様もさまざまです。

経理や帳簿作成の処理を疎(おろそ)かにしない方の特徴は
似通っています。

  • ミスに敏感
  • 処理を先送りしない
  • 疑問点を整理している
  • 処理だけでなく準備や確認に時間を使っている
  • 処理をルーティン化・定型化している

積極的に経理処理を進めている方のサポートは
概(おおむ)ねスムーズに進みます。

とはいえ、積極的・能動的な対応をとっている方だからこそ
ちょっとしたもやもや感が残ることもあります。

たとえば、手書きでの処理。

手書きしたい 本当に負担の少ない処理とは?

事業規模が大きくなり、特定の担当者が単独で処理できなくなると、
仕事の仕組みを整える必要があります。

その一方で、個人事業者や家族経営の会社では
属人的な処理が続きます。

言い換えると、経理担当者が安定して続けられる仕組みが温存されます。

税理士のサポートがあって税務会計の処理が続いている場合、
処理の内容には合理性があるはずです。

その反面、必ずしも効率性が優先されたり、
効率性が更新されているかは別問題です。

経理を担当している方のにとっての安心感のもとで
更新されずに存続してしまっているわけです。

そういった手書きでの処理を続けている方から尋ねられるのは、
「手書きだとダメでしょうか?」
という問い合わせです。

「ダメです」と言いづらい実態があります(笑)。

とはいえ、そうした現状を放っておいては
これまで以上の成果や効率性の向上はありません。

私がそうした質問を受けたときには、

  • 手書きでは効率性に限界がある
  • 手書きはミスに弱い
  • パソコンを使うほうが負担が少なくなる
  • パソコンの利用は敷居が高くない

といった点から再度検討していただいています。

パソコンでの経理処理ではいまだに誤解が多い印象があります。

手書きしたい 塵も積もれば山です

経理処理でパソコンを使う場合での誤解では、

  • お金がかかる
  • 操作がわからない
  • 余分に手間がかかる

といったことがあげられます。

まず、お金がかかるということについては

  • ノートパソコンの利用であれば5万円程度から可能
  • ソフトやアプリの利用は月額払いのサブスクリプションもある
  • 無料のアプリも利用できる

といった敷居の低さががあります。

オンラインの処理や手続きが今後も増える一方なので、
インターネット環境も必要です。

操作がわからないと感じる誤解には、
対象の処理が漠然としているという原因があります。

会計ソフトを利用する場合でも、実際の処理は
特定の画面での文字と数字の入力だけです。

エクセルでの入力なども特定のフォームを作っておけば、
入力の内容や形式は限定的なものになります。

入力ではタッチタイピングができれば効率的ですか、
高速での入力が必要というわけではありません。

パソコンの利用で最も強調したいのは、処理の負担の軽減です。

経理や帳簿作成のパソコンでの処理では、

  • ミスは修正や訂正が可能です
  • 一度の処理で一挙に修正や変更できます
  • 入力データを利用して分析することも可能です

創業間もない頃や、事業規模が大きくない場合には
負担の軽減はわずかに感じるかもしれません。

「塵も積もれば山になる」ということばは金言です。

税理士はお金の不安を減らすサポートをしていますが、
処理の負担を減らす仕組みの更新にも貢献できます。

 

蛇足
私が手書きを苦手としているのは、

  • 手が疲れる
  • 字の美醜をどうこう言われてうっとおしい
  • ハンコや科目印の押し方をどうこう言われる
  • 紙の資料の整理が苦手
  • 紙の資料が重すぎる
  • 上記の理由で疲れてデータとして利用する気力が出ない(笑)

といった個人的な経験にもとづいています。

<お知らせ>
セミナー動画販売 副業をされる方も税理士受験者も応援しています!
■オンラインでのやりとりで参考にしてください
「タグ」→「オンライン