確定申告チェックリストの作り方と使い方 忘れっぽくても思い出させる!

鉄は熱いうちに打て、といいますしね。

確定申告チェックリスト 来年こそ!を形に

2022年(令和4年)3月も半ばとなってきました。

北陸でも暖かい日は気温が15℃を上回ったりしています。

2021年(令和3年)分の確定申告も無事終了していると思います(笑)。

2月早々に申告を終えられた方を別にすると、

  • 結局なんやかんやバタバタしていた

という記憶や印象が残るイベントが確定申告です。

毎年のことだからと諦めがちかもしれませんが、
確定申告の完了直後だからこそ見直しの機会です。

早期に確定申告が完了された方は、

  • 確定申告の仕組みを理解している
  • 必要な書類や資料の準備を早い段階で完了している

といった特徴がみられます。

見方を変えれば、そうした特徴を取り込めればいいわけです。

確定申告の仕組みの理解というと気が重くなりそうですが、
手元にある決算書や申告書だけに対象を絞れば、
負担は大きくありません。

言い換えると、税理士が応対するような万能型ではなく、

  • 自分のために特化した理解と達成をめざす

というわけです。

確定申告チェックリスト ネットで探さない!

特定の処理を効率的に行うためにはチェックリストが有効です。
(チェックリストを形骸化させないコツとは?)

ウェブを検索したり、本で調べると確定申告のチェックリストは
見つかります。

万人受けするタイプのチェックリストなので悪くはありません。

しかし、もっとストレートなチェックリストが期待できます。

焦点を自分だけに絞っているので既成のチェックリストよりも
オリジナルのチェックリストに魅力があります。

理解や知識が不十分なのにチェックリストの作成ができるか!?
と思われるかもしれません。

マイ(オレ・オラ)仕様のチェックリストならば作成できます。

すでに仕上がった決算書や申告書が素材です。

決算書や申告書を作成する過程で、

  • いつ・どんな資料を集めて
  • 何のために使ったか

といったことを確認します。

たとえば、給与所得者で医療費控除による還付申告
といったシンプルなケースでは、

  • 源泉徴収票
  • 医療費の集計

が不可欠です。

源泉徴収票は毎年1月に勤務先より入手できるはずです。

医療費の集計は、1月1日から12月31日が対象です。

医療費の支払い金額や回数は人それぞれですが、
源泉徴収票と同時期に揃えることもできるはずです。

確定申告チェックリスト ルーティンとリマインド

自分にとって必要な確定申告の処理になれるために
ルーティン化も有効です。

チェックリストの使用と合わせて、処理の時期を定型化します。

たとえば、上記の医療費の集計。

自分や家族の分の医療費の領収書などを毎月月末に整理する
といったこともその一つです。

処理の分割化での負担減です。

こうした提案をすると、「そう言っても忘れちゃうからね」と
返されます。

そうした方にはリマインダーの利用もあります(笑)。

Google カレンダーを利用してリマインダーメールを受けとります。

Google カレンダーで予定を入れる際に「その他のオプション」より
「通知」が設定できます。

通知を事前設定できます。

忘れっぽいからといっても、対応方法はあります(笑)。

 

蛇足
税理士に任せる(丸投げする?)といっても、早期に準備するか
飛び込みで依頼するかでは完了時期が大きく異なります。

今週のスタエフ

<お知らせ>
セミナー動画販売 副業をされる方も税理士受験者も応援しています!
■オンラインでのやりとりで参考にしてください
「タグ」→「オンライン