GoogleカレンダーをWordPressに埋め込む!
プライベートも仕事も同時に管理!

先延ばしにしていたことってあるものです。

やってみたら案外すぐに完了できたりします。

カレンダー埋込 メールの先がわからない?

個人や小規模事業といっても情報発信だけでなく、
ウェブからのお問い合わせも受けられます。

WordPressを利用しているのであれば「お問い合わせ」を
プラグインを利用して設置できます。

メールを媒介にした「お問い合わせ」を利用することで、
発信者・受信者双方の負担減になります。

一方で、問い合わせ以降の面談等のやりとりを想定した場合、
スケジュール調整が必要です。

問い合わせる側にとっては先方の動向が見えないので、
あれこれ余分な想定を働かせることになります。

あらかじめ調整可能なスケジュールを公開しておくと、
調整の見通しがつきやすくなります。

カレンダー埋込 GoogleカレンダーとWordPressの設定

Googleカレンダーを利用すると、

  • 複数のカレンダーを同時に
  • 詳細な内容を伝えることなく
  • WordPressに埋め込み

情報を共有することができます。

Googleアカウントを持っていれば無料で利用できます。

初期状態で既にカレンダーは作成されています。
プライベート用に使われていることが多いと思います。

これに加えて、仕事用の新規のカレンダーを作成します。

私は「林友範税理士事務所」でのカレンダーを作成しました。

次に「設定と共有」に移ります。

「カレンダーの設定」より「予定のアクセス権限」を設定します。

  • 一般公開しながらも、
  • 予定の表示は時間枠のみ

としておきます。

複数のカレンダーを同時に反映させる場合、

  • 対象となるカレンダー全てで設定しておく

といった留意点があります。

上記が未設定で複数のカレンダーを同時に表示しようとすると、

  • カレンダーの表示権限がないため、予定を表示できません

となってしまいます。

「カレンダーの統合」-「カスタマイズ」より表示内容の設定をします。

私は「タイトル」・「印刷アイコン」・「カレンダーリスト」・「枠線」
は設定を外しています。

以上の設定を済ませた後は、コードをコピーします。

コピーしたコードをWordPressにを貼り付けます。

私はクラシックエディターを使用しているので
「テキスト」タブにコードを貼り付けます。

処理を確認する際にも留意点があります。

  • Googleアカウントをログアウトして確認する!

ログイン状態で公開したカレンダーを確認すると、
詳細な予定まで表示されいるはずです。

慌てずにログアウトして最終確認をすればOKです。

カレンダー埋込 希望や優先も追加しておく

GoogleカレンダーをWordPressに埋め込むことは
複雑な処理ではありません。

一方、カレンダーを埋め込んだだけでは足りない面もあります。

カレンダー上では予定が無いからといっても、

  • 土日祝日
  • 早朝・深夜

といったスケジュールはイレギュラー・緊急用です。

私は下記の一文も加えて、参考にしていただくようにしました。

  • 面談希望日は平日10~17時を優先しております

きっかけを逃さないための試行錯誤の参考になれば幸いです。

 

蛇足
公開したカレンダーを見ると、「ヒマそー」です(笑)。
カレンダーは良くも悪くも現実の心理状況が反映されない
ドライな一面があります。

蛇足2
Googleカレンダーでの予定設定時にはカレンダーごとの
使い分けも可能です。

<ご案内>

■林友範税理士事務所

ご依頼はこちら

■確定申告のお申し込みはお早めに!

確定申告対応サービス

■災害と税金の情報

災害と税金