電子申告をしていれば効率化達成か?
成果は期待に応えていますか?

公開文書は素っ気ない印象かもしれません。

「行間」を深読みしてみると印象が変わります。

期待に応えてくれる味(ビッケ 石川県小松市)

成果と期待 成果とわかりやすさ

新しいことに挑戦したり試行錯誤したりするときには、

  • 成果
  • わかりやすさ

の両方が欠かせません。

受験勉強が三日坊主で力尽き、ダイエットが「明日から」
となってしまうことからもわかります。

仕事上、効率化や生産性が重要とは言ってみても、
抽象的なスローガンや指標ではピンときません。

具体的な成果やわかりやすさをストレートに伝える
といったことに力点が置かれます。

たとえば、令和4年分の確定申告。

成果と期待 報道発表資料のメッセージ

国税庁より令和4年分の確定申告の状況に関する報告が公表されました。

発表された資料は脱税などの課税問題に言及したものではなく、
確定申告の件数を中心とした資料です。

パッと見では、素っ気ない印象です。

一方、資料を一通り眺めてみると印象が変わります。

報道発表資料は、

  • 「統計データ」という「皮」を被った
  • 課税当局からのメッセージ

といえます。

キーワードとして下記が挙げられます。

  • e-Tax(電子申告)
  • マイナンバーカード
  • マイナーポータル

関連したキーワードとして「スマホ申告」や「自宅から申告」
といった切り口も大手メディアで採られています。

報道発表資料を額面通りに受け取っても間違いではありません。

そうした見方とは別にして、当局の期待を読みとることもできます。

報道発表資料では言及されていませんが、

  • 申告手続きのオンライン化
  • ペーパーレスでの申告手続き

といった今後さらに強化する面が読みとれます。

行政運営の効率化を進める方針ともいえます。

上記の当局が目指している成果は、納税者にとってもプラスです。

ただし、納税者にとってプラスと働いた効果が、
期待していた成果といえるかは別問題です。

成果と期待 何を期待していましたか?

納税者にとって確定申告の困りごとといえば、

  • 申告期限
  • 納税金額

といったことが思い浮かびます。

とはいえ、悩み事は上記だけとは限りません。

フリーランス・個人事業主であれば、

  • キャッシュ状況の改善
  • 将来への資産形成

とグッと切実な成果や期待があります。

その一方で、

  • 会計・税金の仕組みがわかっていない
  • 効率的な処理ができていない

といった状況では成果も期待も先送りとなります。

事業にともなう会計・税金を通じての成果は期待できます。

ただし、成果を得るために選択や行動が必要です。

成果へのわかりやすい見通しをつけるために
税理士に依頼する選択肢があります。

 

蛇足
アイキャッチ画像はブリオシュレーズンバターサンドです。
期待していた以上の味でした。
そろそろバターが溶けやすい時期になりそうです。

<ご案内>

■林友範税理士事務所

ご依頼はこちら

■確定申告のお申し込みはお早めに!

確定申告対応サービス

■災害と税金の情報

災害と税金