フローチャートとチェックシートの役割分担で
税金の不安を減らしていく!

「困難は分割せよ」や「後戻りしない仕組み」が大切
という見解に異論はありません。

じゃあ、どうすりゃいいの?、と言いたくなりますよね。

あんころもち(手前:粒あん、奥:こしあん)

役割分担 お悩み以前とは?

「お悩み相談」はどんな分野でも続く定番コンテンツです。

お金や税金のお悩みもかたちは違っても存在します。

そうは言っても、税理士という立場では、

  • 顧問先での想定内での税務相談
  • 単発依頼での出たとこ勝負

といった向きあい方が異なるケースがあります。

後者の単発依頼では下記が目立ちます。

  • 相続
  • 所得税の確定申告
  • 税務調査

とりわけ確定申告の相談会場や電話相談では、

  • お悩み以前にご相談者が混乱されている

というケースがよくあります。

いわゆる「アタマの中がごちゃごちゃで、□¥Ⅲ♭≦〒…です
という状況です。

役割分担 有意義な情報だけでは進めない

所得税の譲渡所得は扱う金額が大きくなる場合もあり、
適用に留意する必要が高まります。

たとえば、マイホームを売却した場合の特例

「居住用財産を譲渡した場合の3,000万円の特別控除の特例
という見逃せない特例があります。
 (タックスアンサー「No3302マイホームを売ったときの特例」)

「特例」を適用することで税負担額を軽減できる可能性があります。

反面、誤って適用できると想定していると、予想外の税負担ともなります。

上記のタックスアンサーでは適用要件が示されています。

さらに留意事項もあります。

適用除外もお忘れなく。

言うまでもありませんが、適用に当たっては書類の準備も必要です。

3000万円控除の壁を感じる内容です。

初見で上記をみると、アタマの中が整理しきれません。

有意義な情報を羅列されても、スムーズに利用できるとは限りません

役割分担 フローチャートとチェックシート

まず、特例が利用できるかどうか、適用条件の整理が必要です。

適用条件を整理した「フローチャート」が役に立ちます。

適用条件を分解して、択一の問いの応えていくことで、

  • 困難が分割できる
  • 判断を後戻りさせない
  • 検討を見える化できる

といった効果が確認できます。

また、適用が可能と確認できた場合、書類の確認も必須です。

「チェックシート」で漏れが無いことを確認します。

フローチャートとチェックシートといったツールの役割分担で
不安の原因となるアタマの中の整理ができます。

役割分担 時間の役割もお忘れなく!

フローチャートとチェックシートが利用できれば、
税金の不安は軽減できます。

ただし、それでも時間は必要です。

申告納税の締め切りを目前にすると、

  • ツールの利用時の不備
  • 書類準備の遅れ
  • 納税資金などのお金の事情

と適正なツール利用とは別の問題を抱えます。

税金の不安の緩和には時間の余裕も有効になります。

■参考
今回紹介したチェックシートは高松国税局より参照しました。

同じチェックシートでも国税局によっては黒一色だったりするようです。

 

蛇足
各地の国税局のサイトは基本的に似たり寄ったりです。
とはいえ、ローカル色がみられることもあります。
たとえば、沖縄国税事務所の「沖縄酒造マップ」。

日本語・英語・中国語・韓国語版が用意されています。

今週のスタエフ

<ご案内>

■林友範税理士事務所

ご依頼はこちら

■確定申告のお申し込みはお早めに!

確定申告対応サービス

■災害と税金の情報

災害と税金