WordPressサイト改善の作法とは?
プラグインCashe Enablerを追加!

「作法」や「家元」ということばをみるだけで委縮します。

無手勝流むてかつりゅう」は好きなことばだったりします(笑)。

改善の作法 パターン化の効果

手探り状態で始めたことでも何度も続けていくと、
一定のパターンが築けます。

たとえば、WordPressサイトの改善。

不具合の解消や新規に機能などを加える場合、

  • 現状を確認
  • 情報を収集
  • 選択肢を検討
  • 実行
  • 検証

といった過程をたどることになります。

具体的にサイトの改善では、

  • PageSpeed Insights」で現状と課題を割り出し、
  • 課題解消の選択を検討し、
  • 実行後にサイトを確認する

ということになります。

「PageSpeed Insights」を利用する背景には、

  • 利用者が多く
  • 定評のあるサービスであり
  • 対策の情報収集や検証につなげやすい

という効果が期待できます。

改善の作法 プラグイン導入の試行錯誤

WordPressサイトの改善を繰り返した結果、上記の状態となりました。

改善終了、といきたいところです。

ただし、これでは今回の記事が400字程度とパッとしません(笑)。

サイトのパフォーマンスが向上する外面はともかく、
管理画面では新しい問題がみえてきました。

プラグイン「Autoptimize」のキャッシュの消去です。
 (WordPressプラグイン導入で失敗!?)

サイトの運営に支障がでる問題ではありませんが、ちょっと気になります。

幸いAutoptimizeのキャッシュを消去してくれるプラグインがありました。

特別な設定が不要なようでもあり魅力がありました。

しかし、いざ導入してみるとバグが発生…。

無効化・削除をせざるをえない結果となりました。

サイト改善上、キャッシュ系プラグイン導入は時間の問題ともいえます。
 (データを一時的に保存しておくcacheキャッシュ仕組みがキャッシュです)

別途検討した結果、プラグイン「Cashe Enabler」を利用することにしました。

無事にインストール・有効化が完了しました。

設定は下記の通りシンプルにとどめました。

Cache Expiry」はキャッシュの更新頻度の設定です。

とりあえず、私は24時間としておきました。

Cache Behavior」はキャッシュをクリアするタイミングの設定です。

私が選択したタイミングは、

  • 記事の投稿や編集
  • 設定の変更
  • プラグインの有効化や無効化

といったところです。

なお、設定画面左下の「変更を保存」を忘れないことが肝心です。

改善の作法 完成ではなく経過報告

サイトの改善は利用の利便性を上げる点で取り組みが必要です。

とはいえ、「完成」という発想はもっていません。

ウェブ上の環境の変化もあれば、私の運営方針も変化します。

「経過報告」は中途半端な印象があります。

反面、変化しながらもサイトを運営し続けのであれば、
積極的に「経過報告」も発信していくことになります。

今回のキャッシュ系プラグイン導入をめぐっても、
留意しつつ検証していきたいと思います。

「経過報告」もサイト改善の「作法」かもしれません。

 

蛇足
アイキャッチ画像は松ぼっくりです。
北陸の雪は湿っていて重いので、山側にある事務所周辺は倒木だらけです。

樹上の松ぼっくりも目線の位置で撮影できました。

<ご案内>

■林友範税理士事務所

ご依頼はこちら

■副業をされている方も応援しています!

副業から始める確定申告セミナー動画