個人事業とプライベートはどうつながるか?
元入金と事業主勘定と利益の計算

単純な集計や入力に慣れてくると視野が広がります。

同時に疑問や不安の対象も増えてきます。

仕組みを理解するきっかけになります。

事業と生活 損益と申告書は1年間のみ

会計処理を会計ソフトで効率化しようとすると、

  • 初期設定
  • 複式簿記
  • 消費税の処理

と次から次へと壁と直面します。

会計ソフトの集計・転記処理は魅力でも、上記の壁は厄介です。

とはいえ、なんとか壁を乗り切ると一段落となります。

適正な会計処理は必要ではあるものの、先が見通せます。

先が見通せるようになると、見えていなかった課題が見えてきます。

たとえば、個人事業とプライベートのお金の関係。

損益計算書は1年間の事業活動を対象としていますが、
事業は切れ目なく続いています。

会計上のつながりが気がかりとなります。

事業と生活 元入金と事業主勘定

個人事業では法人と異なり「資本金」はありません。

個人事業では「元入金」となります。

事業を始めたときの資金が起点という点では元入金は
純資産の部の資本金と似ています。

  • (借方)預金 (貸方)元入金

違いが現れるのは決算処理以降です。

元入金は資本金とは異なり変動します。

  • 翌期首元入金=前期末元入金+損益+(事業主借-事業主貸)

式をみると不安になるかもしれません(笑)。

青色申告決算書では貸借対照表の貸方に記載されます。

損益計算書ともつながっています。

ザックリ図解してみると以下の通りです。

ことばを補うと以下の通りです。

  • 今年の事業の損益(黒字ならプラス、赤字ならマイナス)と
  • プライベートの入出金の差額を
  • 昨年末の元入金に加えると
  • 翌年始めのの元入金の金額になる

あるいは、以下のとらえ方も同じです。

  • 事業の損益+プライベートの入出金=翌期首元入金-前期末元入金

個人とは分離されている法人の会計処理との違いがあります。

元入金には事業や生活の変動が反映されます

本来であれば注目されるべき対象にも思えます。

現実には注目度はイマイチかもしれません。

事業と生活 複式簿記と貸借対照表

元入金への注目度がそれほど高くないのは、

  • 損益とプライベートより事後的に決まる
  • 所得税の計算に直接関与しない
  • 貸借対照表に表示される

といった面にあります。

元入金へのストレートな関心は持ちにくい印象です。

とはいえ、元入金がとらえられるようになる処理は、

  • 事業の損益だけでなく、
  • プライベートのお金の動きも反映させている

といった面での魅力があります。

「事業主」勘定は損益計算だけを対象とするなら集計の対象外です。

一方で、事業もプライベートも複式簿記で処理するのであれば、
事業主勘定は貸借対照表に反映されます。

結果として、事業の損益もプライベートの入出金も含めて
貸借対照表の元入金に集約されます。

単年度だけでなく、事業の損益だけではないデータとして
元入金をとらえることができます。

貸借対照表の隅っこ(貸方下側)ですが、元入金は無視できない対象です。

 

蛇足
個人事業での元入金や事業主勘定は税理士試験では登場しません。
合理的な処理であっても、初見だと「???」でした(笑)。
理解は必要ですが、慣れることも欠かせませんね。

<ご案内>

■林友範税理士事務所

ご依頼はこちら

■確定申告のお申し込みはお早めに!

確定申告対応サービス

■災害と税金の情報

災害と税金