知識や情報はウェブ検索が優先!
くじけないための試行錯誤

「優先」順位のお話です。
「優先」と「否定」・「排除」はつながりません。

検索を優先 物足りなさがつきまとう

仕事でも生活でもちょっとした違和感があったり
必要性を感じると調べ物に出くわします。

調べる対象に詳しい方が近くにいれば尋ねることもできますが、
ほとんどの場合には何らかの方法で調べることになります。

かつてであれば、資料や文献での調べ物が優先でした。

現在でも資料や文献によって調べる意義は落ちていません。

現状、ウェブ検索の優先順位が相対的に上がったといえます。

あらためてウェブ検索の優先メリットをあげると、

  • 情報量が多い
  • 情報の発信者が多い
  • 発信と更新が乖離しづらい
  • 関連した情報や知識を補いやすい etc.

と多々あります。

反面、ウェブ検索での知識や情報はその場限りの確認で
終わってしまう性格があります。

仕事やスキルアップの面からは物足りない印象です。

検索を優先 ツールで支える

ウェブ検索から期待したサイトやサイトにアクセスした場合、

  • 再度のアクセス
  • 保存・取り込み

といったフローをストック化する仕組みやツールが必要です。

たとえば、Twitter。

気になるtweetがあれば、「ブックマーク」を利用します。

ウェブ検索であれば、私の場合、

  • Chromeの拡張機能「Evernote Web Clipper」を利用して、
  • Evernoteに保存

といった方法を日常的に利用しています。

あるいは、Chromeで複数のタブを参照しつつ調べ物をしたときには、

  • Chromeの拡張機能「Copy All Urls」でURLをコピーして、
  • EvernoteにURLを貼り付けて保存

といった方法を採っています。

上記の方法は、保存したURLを全てコピーして、

  • 「Copy All Urls」でChromeに貼り付けることで、
  • 保存した状態でのChromeの状態を復活できる

といった利用も可能です。
 (Chromeでも「コレクション」を実現させる!)

検索による調べ物がその後に実践を想定している場合、
上記に限らずツールやストレージの利用がおすすめです。

検索を優先 限界でくじけないために

ウェブで大量の知識や情報が得られると、
問題が解決したという気になります。

誤解です。勘違いです。間違いです(笑)。

知識や情報が得られても、実践が欠けていると
ストレージのデータが増えるだけです。
(残念なことに、再度見返すこともありません)

また、知識や情報が揃っていても限界があります。

たとえば、確定申告。

「納税の義務」といった申告納税制度の大前提だけでなく、
申告に必要な書類といった詳細な知識や情報が必要です。

「確定申告書等作成コーナー(国税庁)」を利用することで
申告手続きの不安は一見なさそうです。

その一方で、「総合課税制度」といった仕組みを知らないと、
残念な申告を行った上に気づかないこともありえます。
 (副業で年末調整・確定申告の落とし穴とリカバリー方法)

ウェブでの検索に欠陥があるというより、

  • 調べても認識できない対象がある

という限界があります。

限界があるとくじけそうですが、

  • 検索の対象を広げる
  • 実践を継続・更新する
  • トラブルの予防・回避・リカバリーも調べておく

といった対策があります。

また、ウェブ検索による自力での限界を埋めるため、

  • 資料や文献を利用する
  • セミナーなどを受講する
  • 専門家に依頼する

といった選択肢も視野に入れておくことがおすすめです。

限界があるという前提でのウェブ検索は結果的に

  • アンテナを張る

といった考え方につながります。

問題解決の手段や方法は期待以上にあるかもしれません。

 

蛇足
「ドラゴンクエスト」に「復活の呪文」といった仕組みがありました。
長たらしい意味不明なひらがなを入力することでセーブ機能を代替していました。
拡張機能を使ってURLをコピー・保存したり、コピー・貼り付けをしていると
進歩があるんだかないんだかわからなくなるときがあります(笑)。

<ご案内>

■林友範税理士事務所

ご依頼はこちらから

■副業をされている方も応援しています!

副業から始める確定申告セミナー動画