Googleは検索よりもDXの入口です!

よく見ているはずなんですが、気づかないかも。


おいしいところは隅っこ

GoogleでDX 検索よりもDXがおいしい

平成生まれの方や21世紀生まれの方はピンとこないでしょうが、
2000年前後はブラウザや検索エンジンが入り乱れていました。

通信速度も遅く、コストは高く、コンテンツもテキストと画像が中心と
貧弱だった割に、2021年現在よりも競争が激しかった印象がありました。

ブラウザでは選択肢はあるものの、検索エンジンではGoogle(グーグル)が
他を圧倒しています。
検索のスピードと精度を基準にすると、Googleが選択されたわけです。

日常の利用でも仕事での利用でもインターネットが欠かせないので、
快適に利用できる手段を使うことになります。
(ブログもメールも「超」検索! Google Chromeの設定方法)

便利なGoogleですが、検索のためだけのサービス利用では残念です。

GoogleのおいしさはDX(デジタルトランスフォーメーション)と関連します。

GoogleでDX とっかかりはアカウント

DXは仕事だけでなく、生活環境全般を向上させることが目的です。
(止めると始まるDX(デジタルトランスフォーメーション))

生活環境全般の効率性や生産性の向上は魅力的ですが、
対象が多岐にわたりすぎて手がつけられないかもしれません。

DXやITと言われても何から手をつけるかと悩まれたら、
まずGoogleアカウントをとることをおすすめします。
(実家の親とグーグルアカウント ウェブでのパスポート)

ブラウザでは右上からアカウントが作成できます。

名前とオリジナルのアドレスとパスワードを設定するだけです。

「ユーザー名@gmail.com」だけをみると、メールの利用に限定されそうです。

誤解です。

アカウントを作成することで、Googleのクラウドサービスを利用できます

GoogleでDX ローカルよりクラウド

Googleの提供しているサービスは多岐にわたります。

!!ッとのけぞる様相です(笑)。

といっても、必要なサービスのみを利用すればいいわけで、慌てることはありません。

文章の作成なら「ドキュメント」、表計算ソフトなら「スプレッドシート」、
ビデオ会議なら「Meet」と選択して利用できます。

Google Workspace(グーグルワークスペース)といった有料サービスもありますが、
まず無料のサービス利用がおすすめです。

パソコンの利用は、かつてパソコン本体にソフトをインストールして、
データはハードディスクに保管することが前提でした。
パソコンというローカルの機器に制約されていたわけです。

Googleのサービスは、インターネット環境が前提になるので、
ローカルでのインストールや保管といった制約がなくなります。

パソコンだけでなく、スマホともサービス利用が共有できるので、
Googleの利用は結果的にDXへとつながります。

DXへの入口は意外に近く、敷居も低いといえます。

 

蛇足
Googleは便利だなーと思いつつも、別の選択肢があることも知っておくことも
悪くありません。
(検索エンジンDuckDuckGoという選択肢)

<お知らせ>
セミナー動画販売 副業をされる方も税理士受験者も応援しています!
■オンラインでのやりとりで参考にしてください
「タグ」→「オンライン