止めると始まるDX(デジタルトランスフォーメーション)

何気に初めてもDX(デラックス)な結果へ。


大きすぎる変化は不安のもと。白山市鳥越地区広瀬町

止めると始まるDX 一部や限定じゃないDX

昨年2020年(令和2年)は、コロナ禍をきっかけにリモートワークと
関わる機会が増えることになりました。

リモートワーク、つまりはインターネット環境を前提に、
ペーパレス化やオンラインサービスの利用とつながります。

これまで電子申告を確定申告で行う方といえば限定的でした。

コロナ禍やリモートワークの推進は、一部の限定された方だけでなく、
大多数の方の日常の環境がITやオンラインでの環境に置き換わります。

DX(Digital Transformation、デジタルトランスフォーメーション)は
生活環境の一部だけでなく、全体の変化となります。

政府も2021年6月より高齢者を対象にDXのためのスマホ教室を
後押しすることになっています。
(家庭もDXへ 実家の親を政府のスマホ教室へ)

止めると始まるDX 始めることに力まない

あらためてDXを開始する、というと力みが入ります。
(DXという字面がちょっとしたプレッシャーかも)

生活環境全体に渡る後戻りしない変化、ということで
・どこから始めたらよいか
・始めたときにどんなトラブルが起きるか
・DXの開始のコスト負担はいくらか
と悶々としがちです。

あまりに頭を悩ませていると、
・課題から目を背ける
・問題を棚上げにする
・DXを推進する輩を目の敵にする(笑)
とこじれてしまいます。

泥沼のような悪循環にならないように発想を変えてみる
ことがおすすめです。

まず、「止めてみる」がDXの第一歩です。

止めると始まるDX 止めると時間とお金が手元に(笑)

では、具体的に何を止めるか?

仕事上のDXでは、
・IT(パソコン・スマホ・アプリ)
・リモートやオンライン
といった環境に置き換えられる処理が対象です。

たとえば、以下のようなDXがあります。
・電話 → メール・チャット・ZOOM
・FAX → メール
・プリンター → デュアルディスプレイ・PDF
・USBメモリ → データ共有・クラウドストレージ
・銀行へお遣い → インターネットバンキング

こうしたDXへの移行は完全にタダではありません。

とはいえ、DXの利用はこれまでの環境よりも時間や
コストの削減を進めてくれます。

これまでの環境を止めてみることで、お金と時間を手元に残す
モチベーションにもなります(笑)。

 

蛇足
ブログ記事では、以下もご参考にしてください。
・カテゴリー:IT
・タグ:オンライン

蛇足2
冒頭の写真は2021年5月20日(木)に起きた土砂崩れです。
幸い付近に民家はなかったのですが、目の当たりにすると
ぞっとします。

<お知らせ>
セミナー動画販売 副業をされる方も税理士受験者も応援しています!
■オンラインでのやりとりで参考にしてください
「タグ」→「オンライン