お金を追いかけましょう! 帳簿作成を言い換えてみる

大事なことは、手を変え品を変え。


ブロートルーフ ビオベッカライ(石川県能美市)

お金を追いかけて! くどいけれど大事な帳簿

帳簿、どんな業種や規模であっても大切です。

事業の帳簿は、建物でいえば基礎や土台にあたります。

やっつけ仕事や安普請の建物が欠陥住宅になるように、
後回しや先送りした帳簿の作成は経営の足を引っ張ります。

帳簿の作成を後回しにすると、
・曖昧な情報が紛れ込む
・正確な判断ができない
・経営判断をするまでに時間がかかる
・一挙に作成することで、かえって時間がかかる
といった厄介な事態になります。

完璧・完全・無謬(むびゅう)といった帳簿を経営者が作ることは
期待されていません。
(税理士がサポートするわけです)

タイムリーで、漏れの無い帳簿での経営の把握につながることが
帳簿作成の狙いです。

お金を追いかけて! お金を追いかけましょう!

帳簿作成は大切です、という正論は誰も否定しません。

反論の余地が無いからです。

とはいえ、誰もが率先して実行するわけでもありません(笑)。

経理の事務が面倒くさいからというだけでなく、
経営者の琴線(きんせん)に響かないからかもしれません。

経営者にとっては、
・売上を上げる、稼ぐ
・企画、営業、交渉
・開発、新規開拓
といった課題に次々と直面します。

そうした眼前の課題に比べると、帳簿の作成は元気の出ない仕事
と思われそうです(笑)。

誤解です。

帳簿の作成や経理処理は元気の出ない後処理ではありません

「お金を追いかける」という見方がポジティブです。

お金を追いかけて! 売上も経費も、ヒト・モノも

「お金を追いかける」というと売上を上げるという印象です。

ことばを補うと、売上を上げることにともなう売掛金の回収も
「お金を追いかける」の一連の業務です。

経理処理というと経費の管理に結びつきやすいのですが、
売掛金の回収も経理処理の一つです。

売上と対応する経費は原価です。
原価は仕入や在庫と関連します。
粗利益は経営管理の指標でも重要視されます。

売上を上げていくためには、ヒト・モノが欠かせません。
ヒトの人件費は固定費であり、モノへの投資は巨額になりうるので
中長期に経営に影響します。

経営の継続は手元のお金が維持できるかどうかにかかっています。

「お金を追いかける」という視点で帳簿の作成を進めることで
経理から足元を固めることにつながります。

 

蛇足
冒頭の写真はプレッツェル。
シンプルだから、なんとなく知っていると思っていましたが、
百聞は一食に如かずのおいしさでした。

<お知らせ>
セミナー動画販売 副業をされる方も税理士受験者も応援しています!
■オンラインでのやりとりで参考にしてください
「タグ」→「オンライン