経理や税務申告に自信がないのは知識だけが原因じゃありません

知識ゼロでもOK!、というわけにもいきませんが(笑)。

自信がない!? 勉強もしてるし知識もあるけど不安?

税理士の仕事をしているといろいろなお客様にお会いします。

経理や税務の処理の取り組むアプローチや度合はバラバラです。

  • 実務経験豊富な方
  • かつて教えられたことに忠実な方
  • ミスに敏感な方
  • 一切合切よろしく!、と割り切っている方(笑)

経営者や経理担当といっても、必ずしも簿記の資格をおもち
というわけではありません。

それでも経理処理や税務申告手続きを担われています。

そうした方がいる一方で、勉強もしているし知識もあるのに
経理処理や税務申告に不安を抱えられる方もいらっしゃいます。

お話を伺ってみると、自信の無さは勉強の量や方向性・知識ではない
という印象を受けます。

自信がない!? 部分を全体で位置付ける

経理や税務の勉強をしたり知識があり、それでも不安を感じる方は

  • 知識と知識がつながっていない
  • ルーティンの処理に慣れていない
  • 1年間を通した処理を経験していない

といった特徴がみられます。

たとえば、フリーランス・個人事業主の方の場合。

  • 確定申告が必要だとわかっている
  • 青色申告の届けを出している
  • 帳簿の作成義務がある
  • 保険会社から送られてくる控除証明書を申告で使う

というように部分的な理解に問題の無い一方で、

  • 収入と所得の区別がつかない
  • 経費と控除の区別がつかない
  • 年末調整と確定申告の違いがわからない

といったケースはよくあります。

上記のような混乱やそれによる不安は
会計と税務申告の違いを理解することで解消します。

言い換えると、会計と税務申告という一連の手続きという
部分と全体を知ることが不安の解消につながります

また、上記のような不安を抱えている状況では、
業務の処理量もピンとこない可能性があります。

業務量を全体のなかで知ることも漠然とした不安を
解消します。

自信がない!? 実践でアウトプット、サポートも!

経理処理や税務申告では知識や座学・勉強は軽視できませんが、
それだけでは不安を解消できません。

インプットした後はアウトプットが必要です。

  • 請求書や領収書・レシートの収集や整理
  • 帳簿の作成
  • 集計
  • 決算処理
  • 税務関連書類やデータの収集
  • 決算(予測)と税務申告シミュレーション
  • 税務申告
  • 納税

といった実践によるアウトプットが不安を解消して、
自信につながります。

上記の実践によるアウトプットは単独でやらなければならない
というものではありません。
(かえって不安が増します(笑))

税理士によるサポートは処理の代行というだけでなく、
知識だけでは補えない不安の解消にもつながります

 

蛇足
お金のバランスも部分・短期と年間・トータルでとらえると
無用な誤解が減りそうです。

<お知らせ>
セミナー動画販売 副業をされる方も税理士受験者も応援しています!
■オンラインでのやりとりで参考にしてください
「タグ」→「オンライン