税務支援の後は抗原検査キットでフォロー!

二重の意味で時事ネタですね。

抗原検査 申告会場のナカノヒトの視点

2月から3月の確定申告は普段税金と縁のない方も参加する
税務業界のビックイベントです。

参加者(申告をされる方)が普段税金の申告と縁がないので
税理士も税務支援というサポートで参加します。

よく知られている無料相談会場は税務署以外では
市町村役場や商工会があります。

私も役場での税務支援業務に参加しています。

相談会場の状況は、

  • 三密を避けるスペースが保たれている
  • 税理士や職員と来場者間に仕切りが設置されている
  • 相談や応対終了ごとに除菌がされている

といった配慮がされています。

事前の予約により想定外の行列ができない仕組みも
導入されているようです。

とはいえ、来場される方の多くが

  • 高齢の方
  • 紙資料を満載

といったわけで距離をとるといっても限界があります。

お金の話をするわけですが、コミュニケーションが大事だからといって
大声で話すわけにもいきません(笑)。

距離を保っての応対にも限度があります。

コロナ感染のリスクも高まることになります。

抗原検査 キットが送られてきた!

先日、石川県税理士協同組合より新型コロナウイルス対応の
抗原検査キット」が送られてきました。

早速開封してキットを利用してみました。

検査キットの中身は

  • 説明書
  • 検査キット(抽出バッファ(写真左)・唾液コレクター(右))

とシンプルな構成です。

使い捨ての検査キットで唾液より抗原検査をする仕組みです。

唾液コレクターを2分間くわえて待ちます。

その後抽出バッファに唾液コレクターを挿入して
15分待つと結果が判明します。

私の場合は、とりあえず陰性でした。

「とりあえず」と表現したのは抗原検査キットでの判定は
PCR 検査ほどの正確さはないためです。

とはいえ、ホッとしましたが(笑)。

抗原検査 まずウェブで!に変えてみる

確定申告の相談会場で相談や応対していると
もったいないなーと感じることがよくあります。

高齢の方といっても収入源は意外に多様です。

  • 給与所得
  • 雑所得(公的年金)
  • 雑所得(個人年金)
  • 雑所得(シルバー人材センター)
  • 配当所得
  • 譲渡所得

来場者のなかには複雑化している申告書を手書きと電卓で
きっちり仕上げられている方もいらっしゃいます。

頭が下がる思いです(笑)。

その一方で、これだけの申告書を作成できる方であれば
オンラインでの申告書作成も可能ではないか?、と思えます。

高齢者=IT・デジタル弱者という前提があると、
本来できるはずの方の機会も減るのかもしれません。

いわんや高齢者ではない、デジタル弱者でない方であれば、

  • まずウェブで申告書作成を試してみる

という発想がプラスとなります。

うまくいかなかったところで損失は試してみた時間のみです。

試行錯誤の結果、会場で解決をはかることになっても
具体的な相談や質問ができます。
(そういった来場者もいらっしゃいます)

コロナ感染の収束を待つまでに打てる手は打っておくと
コロナ禍での怪我の功名が期待できます。

 

蛇足
申告会場の受付票を回収していると、
待ち時間は60~90分の方が目立ちました。
応対時間が約30分、さらに移動時間…
パソコンやスマホでの試行錯誤がおすすめですね。

今週のスタエフ

<お知らせ>
セミナー動画販売 副業をされる方も税理士受験者も応援しています!
■オンラインでのやりとりで参考にしてください
「タグ」→「オンライン