確定申告に「間に合った」? 経理も申告も年内からスタート!

なんやかんやで12月ですね。

間に合った? 感謝はされたが…

仕事をしてありがたいなーと思うのは、

  • お金(報酬)(笑)
  • 感謝や労いのことば

をお客様からいただいたときです。

感謝や労いのことばを聞くとホッとします。

とはいえ、どんなときでも同じようにホッとする
というわけでもありません。

安堵しつつも、もやっとした気持ちが残ることも
あります。

確定申告では、「よかった、間に合った」という
お客様のことばに気持ちが引っかかります。

間に合った? 計画?想定?の誤解

確定申告で「間に合う」といった表現には、

  • 申告書の提出
  • 納税

がセットになっています。

申告書の提出が完了したとしても、納税できなければ
確定申告の手続きは完了しません。

納税の手段は

  • 現金、キャッシュレスという決済手段
  • 即時納付、後日引き落としの決済時点

と選択肢があります。

納税の手段に選択肢があることは、ポジティブにみれば

  • 資金繰りに余裕ができる
  • 経営計画に納税を組み込める

という見方ができます。

一方、残念なネガティブな視点では、

  • お金の管理がルーズになる
  • 場当たり的な対応を先送りする

といった面があります。

納税の帳尻が合ったことだけを肯定的にとらえると、
計画通りに進んだと誤解しかねません。

延納を利用して5月まで確定申告の完了がずれ込んでいた場合、
「間に合った」は過大評価にもなります。
(税金の納付 延納での時間稼ぎも)

間に合った? 計画も申告も年内スタート!

確定申告は、決算の確定→申告書の作成となるので、
翌年(新年)に処理をせざるを得ません。

あえて当然のことをいっているのは、日常の経営や経理と
確定申告が時間上は並行するからです。

日常の経理と前年の決算申告の処理の並行は、

  • 業務の負担
  • 時間がタイト
  • 納税を含んだ資金繰り

とプレッシャーの大きい状況です。

短期間で完了させることが業務とお金の管理の両面で
負担減につながります。

申告書の提出も納税も「間に合った」という結果を
想定通りと納得できるかもしれません。

そうした評価とは別の選択の可能性もあります。

年内から経理処理を進めて、確定申告の処理を進めることは、

  • 新年の経営計画
  • 納税を織り込んだ資金繰り

といった新年早々からの負担減につながります。

11ヶ月は終わりましたが、まだ1ヶ月あります。

新年を見据えるなら、ギリギリ先手が打てる時期です。

 

蛇足
2021年(令和3年)12月コロナ感染の再拡大の不安はあります。
その一方で、当局の確定申告への強い意志も感じる年末です。
申告期限の延長は期待できませんね(笑)。

<お知らせ>
セミナー動画販売 副業をされる方も税理士受験者も応援しています!
■オンラインでのやりとりで参考にしてください
「タグ」→「オンライン