エクセルなのに数字を使わない経営分析とは? マウス操作で見える化

もちろん Google スプレッドシートでもOKです。

数字レス経営分析 アタマの整理は必要ですが…

年末というと、「今年のうちに○○しておく」
というフレーズとセットになります。

○○に入るのは、先送りしてきた案件です(笑)。

個人事業主だと確定申告の都合もあり事業年度は
1月1日から12月31日です。

新年からの経営計画を立てることも「今年のうち」案件に
入ってきます。

計画を立てるときに欠かせないのが現状分析です。

計画は将来の理想と現状を埋めていくために立てるので
現状知っておく必要があります。

前年以前からの決算書、今年の試算表を並べつつ計画を
立てます。

経営者だからこその仕事ともいえます。
(専門知識もお金もかからない経営分析とは? 経営者だったらできるはず!?)

数字レス経営分析 エクセルだけどマウスのみ

経営分析といっても

  • 複雑な会計知識
  • 高度な数学
  • 専門的なソフト

といった重装備は不要です。

数字、金額や割合といった経営からでてきた結果を
ならべることからスタートできます。
(ざっくり始める経営分析とは? 並べる・引算・割算だけどできない!?)

とはいえ、そうはいっても経営分析なんか

  • 抽象的
  • 印象に残らない
  • 誰かやっといて

とスルーしがちです(笑)。

もっと、直感的にわかりやすい分析からスタート
してみる方法もあります。

エクセルで経営を見える化します。

関数やマクロ(プログラミング)は使わず、

  • マウス操作だけで
  • 数字や金額も抜き

でスタートします。

準備として、エクセルのシートの加工をしておきます。

列を選択して、幅を「2」に設定します。

セルがほぼ正方形で表示されます。
(行の高さは変えません)

上記の準備ができたら、過去の決算書や今年の試算表をマウス操作で
ブロック化して表示します。

セル1つ分の高さを10~1,000万円にとっておけば、
データがコンパクトに見える化できます。

損益計算書を見える化すると、

同じように貸借対照表も表現できます。

セルの結合は不要です。

上記のような図だけを見ると素っ気ないのですが、

  • 色をつける
  • なかみを分ける
  • 比較する

と操作を続けると、比較や変化の分析につながります。

数字レス経営分析 過去・現状・将来を見える化

経営分析やエクセルを使うという割には、
何だか拍子抜けしたかもしれません(笑)。

もし、「こんな程度誰でもできるわ!」と思われたのなら
幸いです。

今回はエクセルを使って経営分析の見える化を紹介しましたが、
ちゃちゃっと紙とペンで書いてもOKです。

過去から現状の変化と将来の理想との乖離を
わかりやすくとらえることが優先です。

 

蛇足
初めてエクセルの画面を見たときの印象は、
「こんなもんが何の役に立つんかいな?」でした。
残念な直感でした(笑)。

<お知らせ>
セミナー動画販売 副業をされる方も税理士受験者も応援しています!
■オンラインでのやりとりで参考にしてください
「タグ」→「オンライン