遷移する画面も自動でキャプチャー!
拡張機能Scribeで情報共有

「こうやれば上手くいくのに…」と思いながらも
もどかしくなるときがあります。

情報の共有をスムーズに進めるためにツールを使います。

Scribeで共有 もどかしい悩み

隔靴掻痒かっかそうよう」ということばがあります。

背中のかゆいところに手が届かないとも言えます。

仕事上では、

  • ちょっとした記録や手順書があれば効率化できる

といったことがよくあります。

古典的な手法であれば、

  • スクリーンショットをバンバン撮り
  • Wordなどに貼り付けて保存

という処理となります。
 (紙に印刷するとカオスになります(笑))

ツールの利用としては、

  • Windowsに搭載されている「ステップ記録ツール
  • アプリ「LICEcap

といった選択肢があります。

「ステップ記録ツール」は無料かつ設定不要で利用できます。

反面、作成されるファイルが「mht」ファイルであり、
後工程で利用しづらい印象です。

「LICEcap」はGIFアニメをサクッと作れますが、
テキストとしての参照には不適です。
 (プチ動画で自分もお客様もフォローする!)

もどかしさが募ります(笑)。

Scribeで共有 遷移してもOK

Scribe」はブラウザ画面を記録するGoogle Chrome の拡張機能です。

無料で利用できますが、Scribeサイトへのサインインが必要なので
Googleアカウントがあると便利です。

ブラウザでScribeは拡張機能のアイコンより利用できます。

「Start Recording」をクリックして、操作を開始します。

一通りの操作が終了した時点で、再度アイコンをクリックすれば完了です。

自動的に記録が保存されます。

自動的に入力されているテキストを編集・追加できます。

Scribeの特徴の一つとして、

  • 遷移した場合でもキャプチャーできる

といった強みがあります。

地味な仕様の特徴ですが、もどかしさを解消してくれます。

Scribeで共有 共有から成果につなげる

画面キャプチャーの記録が自分のためだけに使用するのであれば、
上記で完結です。

フォローやサポートへの利用であれば、情報の共有が必要です。

ウェブ上に埋め込んでの共有も可能です。

こんな感じです。

左右の矢印で参照箇所を移動できます。

無料版でもPDFへの出力は可能です。

PDFだとこんな感じです。

Scribeでの画面キャプチャーを利用することで
解説や説明でのもどかしさが解消できます。

とはいえ、操作の解説や操作であれば期待する成果は

  • 実行
  • アウトプット

となります。

フォローやサポートの本丸を忘れないことが最大の留意点になります。

 

蛇足
画面キャプチャーの拡張機能では「Tango」にも魅力があります。
キャプチャー画像にモザイク処理なども可能です。

一方で、情報の共有ではWordPressへの埋め込みには未対応
といった仕様のようです。
嗚呼もどかしい(笑)。

<ご案内>

■林友範税理士事務所

ご依頼はこちら

■副業をされている方も応援しています!

副業から始める確定申告セミナー動画