会計ソフトだけで複式簿記はスルーできません!
具体的解決と抽象的な理解はセット!

効率的なはずが非効率という皮肉に気づかないことがあります。

結果や結論を受け止めるには準備や条件があります。

結果は遠回り ほっと一安心≠解決

仕事を進めていて不安になるのは、

  • 判断の基準が曖昧
  • 着地点が見えない

といった場合です。

そうした不安なときには、

  • 考えるより信じたい

といった気持ちに傾きがちになります。

また、「下手な考え休むに似たり」ということばもあります。

手をこまねいているばかりでは先に進めません。

とりあえずの対策として、

  • 課題を棚上げ
  • 仮の選択

といったしのぎ方がマシということもあります。

とりあえずの結論でもわかっていると、
ほっと一安心で停滞感を払拭できます。

反面、とりあえずの結論での安心が解決にならない
といった問題を残します。

たとえば、複式簿記。

結果は遠回り わからないがわからない

会計ソフトの理由で最大の障害といえるのは「複式簿記」です。

素人目に複式簿記がわかりにくい点は、

  • 1つの取引なのに2つの勘定科目を使う
  • 日常的な処理と決算処理がある
  • 集計の結果が損益計算書・貸借対照表になる
  • 税金の計算は別に行う etc.

といった点があげられます。

とりあえずの対策として、

  • 扱いやすそうな会計ソフトの利用
  • パターン化された仕訳の適用

といった選択で会計処理ができます。

とはいえ、その場しのぎの対策では、

  • 棚卸と決算処理、損益計算のつながり
  • 売掛金・買掛金・未払金の背後にある発生主義

といった関連性はわかりません。

また、複式簿記はビジネスのお金の処理に加えて、

  • 消費税
  • ビジネスとプライベートの分離

といった処理も同時に行います。

会計ソフトの設定で消費税の処理を選択することになります。

個人事業主であれば、「事業主勘定」を利用します。

個別具体的な処理を追い始めると、情報量に圧倒されます。

判断のつかない大量の情報が不安の種にもなります。

わからないことが何なのかわからなくなります。

結果は遠回り アプローチを変えてみる

複式簿記での会計処理には非日常的な記号や文字はでてきません。

とはいえ、複式簿記の実態は、

  • 発生主義やフロー・ストックといった発想
  • 取引にともなう消費税も並行処理

といった抽象性や重層性があります。

ユーザーフレンドリーな会計ソフトは上記のややこしい点を
目につきにくくしてくれます。

データのインプットと処理のアルゴリズムがあれば、
特定の形式のアウトプットは期待できます。

皮肉な見方をすれば、ユーザーが問題点を意識しない
という残念な結果だけが居残ります。

高性能の会計ソフトを探すというアプローチには限界があります。

ちょっと遠回りですが、

  • 抽象的な発想を理解する
  • 会計と税金の違いを確かめる
  • 税理士と協業する

といった選択がおすすめです。

会計ソフトを使っているのにもやもや感があるのなら、
アプローチを変えてみる機会かもしれません。

 

蛇足
コスパの良し悪しは無視できません。
ただし、過程や結果の裏付けが見込めることが前提です。
裏付け抜きのコスパは「安物買いの銭失い」になりがちです。

<ご案内>

■林友範税理士事務所

ご依頼はこちらから

■副業をされている方も応援しています!

副業から始める確定申告セミナー動画