ブラウザは選択肢が増えた!? Microsoft Edgeも魅力!

ブラウザアプリや検索エンジンの選択が遠い昔ばなし
というわけでもなくなってきました。

Edgeの魅力 IE亡き後

静かな幕引きだったな、という印象を受けたのは
ブラウザ「Internet Explorer(エクスプローラ)」の
2022年6月のサポート終了でした。

OS では圧倒的なシェアを誇るマイクロソフトですが、
インターネット分野では苦戦しているわけです。

ブラウザでは2022年現在「Google Chrome」のシェアが
圧倒しています。

Google Chrome の魅力は、

  • Google の検索精度とスピード
  • Google のサービスとの連携
  • 豊富な拡張機能

といった利用がほぼ無料でできる点にあります。

他のブラウザの選択はアンチGoogleとしての限定的な期待
といった感があります。
(検索エンジンDuckDuckGoという選択肢)

Edgeの魅力 機能の充実

IEのサポート終了後、IEを起動してみると下記の表示で
Microsoft Edge」への誘導が示されました。

Edgeを起動してみると、下記の通りの設定や紹介が表示されました。

「1.データをインポート」ではGoogle Chrome の設定をインポートできます。
「他のブラウザからインポートする」より設定できます。

私は普段利用しているGoogle Chromeから設定をインポートしました。

Edgeではブラウザ利用の生産性にも焦点を当てています。
(「Microsoft Edge ヒント」で検索)

たとえば、「コレクション」の利用。

検索したサイトを「コレクション」ごとにまとめておくことができます。
ブラウザ右上の「+」よりコレクションを作成できます。

また、複数のタブを同時に開いているときに「垂直タブバー」を利用すれば、
処理の全体が見通しやすくなります。

Edgeの魅力 選択肢の検討と使い分け

Google Chrome は依然として魅力のあるブラウザです。

とはいえ、唯一のブラウザではありません。

Microsoft Edgeを使用することで生産性が上がる
というケースもあります。

パソコンでの処理が仕事の中心といった場合でも、
ウェブやオンラインでの処理の割合は高いものです。
(職場がブラウザ Chrome ならショートカット・拡張機能
・ストレージ・ハードも整える!)

ブラウザの選択肢を検討する、使い分ける理由があります。

 

蛇足
Edgeでは音声読み上げ機能も組み込まれています。
アドレスバーの右端のアイコンをクリックすると
読み上げが開始されます。

音声読み上げの場所やスピードの指定はできない仕様ですが、
初期状態から使用できます。
やれやれ(笑)。
(ブログの機能を高めようとして失敗しました!?)

<お知らせ>
セミナー動画販売 副業をされる方も税理士受験者も応援しています!
■オンラインでのやりとりで参考にしてください
「タグ」→「オンライン