古い様式も学ぶ必要があるのか!?
伝票?、帳簿?、決算・申告書?

わかっているはずのことで見て見ぬふりをされると、
イライラすることがあります。

誤解を解いておくとストレスをスルーできそうです。

経費にはならないけど美味しいメロンパン(びろん 石川県小松市)

古い様式 無駄!、無駄?、無駄!?

簿記の学習を始めた21世紀初頭に違和感がありました。

  • 今時こんなもん使うのか?

「こんなもん」と違和感を持った対象は、

  • 伝票
  • 仕訳帳
  • 現金出納帳
  • 総勘定元帳
  • 売掛帳・買掛帳
  • 試算表 etc.

と経理で使用する定番のツールでした。

「こんなもん」と否定しては勉強が進まない対象です(笑)。

それでも、会計ソフトが全盛の時代にそぐわない、
前時代的な印象が強く残りました。

まず、税理士志望者であればタブーの発想です。

違和感や不信感は学習の達成を妨げます。

試験合格のお預けというしっぺ返しがありました(笑)。

一方で、実務上必要に迫られて簿記や経理に取り組む場合、
古い様式との付き合い方にコツがあります。

古い様式 理解して距離を置く

学習から実務に移り、税理士事務所に就職した後で、

  • 三枚複写伝票(と勘定科目印)

といった昭和の時代のテクノロジーに遭遇しました。

たとえば、以下の取引を経理処理する場合を想定します。

  • 6月22日 会議費を現金で支払い
  • (借方)会議費 (貸方)現金

シンプルな処理ですが、

  • 取引をとらえる仕訳帳
  • 会議費や現金勘定の元帳

と帳簿上の処理はあります。

三枚複写伝票ではカーボン複写を利用することで、
帳簿上の処理を効率化する仕組みでした。

一度の手書きで転記の負担を軽減しながらも
必要な帳簿を作成することができました。

  • 取引を複式簿記の様式で表現する
  • 同一の取引からデータを転記する
  • 勘定科目間のつながりを理解する

といった簿記の仕組みを手を動かして理解できます。

ただし、ポジティブな面はここまで(笑)。

安くて充分な機能がある会計ソフトが使える現状では
三枚複写伝票を使う理由はありません。

仕組みを理解することと実際の利用・オペレーションは
分けて考えるべきです。

古い様式 古くても残るものが大切!

税務会計の分野は紙書類の文化が根強く残っています。

  • 決算「書」
  • 申告「書」
  • 別「表」

所得税の申告で「確定申告書等作成コーナー」を利用すると、
データの入力で処理が進みます。

それでも、最終的には紙書類に対応した申告書の様式で
出力されます。

  • 収入
  • 所得
  • 所得控除
  • 税額控除
  • 税額

といった出力・表記される構成要素は紙書類と変わりません。

複式簿記をインターフェースで感じさせない会計ソフトもあります。

一方で、そうしたソフトでも複式簿記と無関係
といったことはありません。

運用面でのツールは変化していきます。

それとは別に変化しない発想や仕組みがあります。

元「帳」・決算「書」・別「表」といったことばが使われますが、

  • 運用やオペレーションは更新・アップデートしていく!

という割り切りがおすすめです。

適切性と効率性を同時に達成するアプローチに魅力があります。

 

蛇足
アイキャッチ画像はパンとケーキのお店「びろん(石川県小松市)」
のメロンフェアで販売されていたメロンパンです。
2023年は創業30周年だそうです。

<ご案内>

■林友範税理士事務所

ご依頼はこちら

■確定申告のお申し込みはお早めに!

確定申告対応サービス

■災害と税金の情報

災害と税金