ファイル検索はサクサクと! WinPCファイルはEverythingで検索

デジタルファイルは検索すれば整理不要ともいえますが、
検索の効率性が課題となりますね。

検索サクサク デジタルファイルの盲点

野口悠紀雄先生の「「超」整理法」を知ったときは驚きました。

混乱しやすい資料の整理をファイルを時系列に並べることで
あっさり問題を解決していたからです。

コロンブスの卵という印象でした。

その一方で、パソコンでの処理が中心になってくると
整理から検索へと手法が変わってきました。

物理的なファイルの整理や検索に要する労力は
デジタルでは心配ありません。

ちょっとしたキーボード・マウス操作で検索すればOK、
のはずですが…

理屈と現実が一致しないことに直面します。

検索サクサク Everythingで解決

私はWindowsパソコンを使っています。

ファイル検索であれば「エクスプローラー」から可能です。
(ショートカットは「Windowsキー」+「E」)

ファイル検索は可能ですが、遅いことが難点です。

ウェブでのGoogle 検索などに慣れきっていると、
ファイル検索の遅さに不安を覚えます。

私はファイル検索では「Everything」を使っています。

フリーソフトで「窓の杜」よりダウンロードできます。

ダウンロード後にインストールすれば利用できます。

検索サクサク 検索スピードが効率化

Everythingの特徴は圧倒的な検索スピードです。

検索キーワード入力、即出力といったスピード感です。

シンプルな構成のアプリなので説明は不要かもしれません。
(ここまで読んで実行しただけでも、効果が実感できます)

とはいえ、さらに検索効率を上げることが可能です。

「表示」より下記のようにチェックをつけることがおすすめです。

「フィルタ欄」をチェックしておくと、「検索」での絞り込みの効率性にプラスです。

「プレビュー枠」にチェックを入れとくと、検索したファイルを画面右に表示できます。

また、Everythingの仕様上、下記のような検索も可能です。
(下記は「ヘルプ」→「検索仕様」より確認できる一部です)

ペーパーレス化が進んできて、紙資料の扱いが減ってきました。

PCのストレージが大きくなり、容量を気にする不安が減りました。

反面、ファイル検索の効率性はなおざりにしがちです。

Windowsのファイル検索機能がパッとしないからといって
ファイルやフォルダ整理に時間をかけていては残念です。

Everythingはシンプルなアプリですが、ファイル検索におすすめです。

 

蛇足
デジタルファイルは検索の遅さや時間がかかることで
事後的に量的な厄介さを感じます。
目に見える圧迫感がないので放置しがちになります。

今週のスタエフ

<お知らせ>
セミナー動画販売 副業をされる方も税理士受験者も応援しています!
■オンラインでのやりとりで参考にしてください
「タグ」→「オンライン