WordPressで自動計算フォームを設置!
プラグインCalculated Fields Form

当たり前にみているサービスの舞台裏にまわる
ということが新鮮だったりします。

記事末尾をご参照ください

自動計算フォーム 古典的なサービスの舞台裏

ウェブサイトを閲覧することもあれば、同時に利用することもあります。

私はブログの作成や投稿に関連して、

  • 翻訳
  • 画像の結合
  • モザイク処理

といったサイトを利用しています。

サイト内でサービスが提供されていると、手軽に利用できます。

古典的なウェブサービスでは、

  • サイト内でフォームに入力する自動計算

があげられます。

新鮮味には欠ける印象の自動計算フォームですが、

  • サイト利用者の利便性
  • 情報発信の強化

と利用者・発信者双方にプラスになる可能性があります。

WordPressでは、プラグイン「Calculated Fields Form」で
自動計算フォームの提供ができます。

自動計算フォーム プラグインCalculated Fields Form

「Calculated Fields Form」をインストール・有効化します。

インストール時にはサンプルが5つ利用できる状態となっています。

上記を「Settings」より編集して、「Shortcode」をコピーして
サイトに貼り付けて利用するということも可能です。

今回は新規の自動計算フォームを作成します。

2023年(令和5年)10月から始まる消費税インボイス制度では、

  • 免税事業者が課税事業者となる場合
  • 売上で受け取る消費税分の2割

での納税が期間限定で選択できます。

  • 2割特例での消費税納税額=売上高×10/110×0.2

複雑な計算ではありませんが、見慣れない計算です。

サクッと概算で負担額の目途をつけたい対象です。

「年間売上高(税込)」をサイト利用者に入力していただき、
「シミュレーション税負担額」を自動計算する仕様で作成します。

まず、「Form Settings」タブよりタイトルを編集します。

フォームは「Add a Field」より必要なパーツ(フィールド)を選択して作成します。

各フィールドはドラッグ&ドロップで並びを変えられます。

フィールド右下にはゴミ箱アイコンもあるので削除も可能です。

フィールドは「Field Settings」より編集します。

計算式の入力には「Operators」が利用できます。

「Save Changes」で保存して、「Preview」よりフォームが確認できます。

作成後はショートコードをコピー→貼り付けて利用します。

自動計算フォーム 提供の可能性を広げる

「Calculated Fields Form」はサイト利用者のタイミングに合わせた
サービスの提供が可能です。

たとえば、サービス料金の見積もり。

営業日・営業時間・照会でのやりとりをスルーできる、
負担とさせない仕組みも導入できます。

「効率化」は大切ですが、一方的という印象は避けたいところです。

「Calculated Fields Form」の利用は便利な計算サービスだけでなく、
営業のサポートとしても魅力があります。

今回の成果です。

 

蛇足
自動計算フォームの作成を舞台裏からとらえ直すと、
営業ツールにつながりました。
「百考は一行に如かず」を実感しました。
 (「漢書 趙充国伝 百聞」で検索してみてください)

<ご案内>

■林友範税理士事務所

ご依頼はこちら

■副業をされている方も応援しています!

副業から始める確定申告セミナー動画