帳簿を作成するの誤解の訂正と効率化のすすめ
締め切りにご注意!

「噓じゃない」ということばだけでは不十分です。

誤解を解くことと、ついでにご利益も期待したいところです。

スカッと、見通す

誤解と効率化 直感は正しいか?

ITでの褒めことばとして、「直感的に操作できる」
という表現があります。

「直感的」が肯定的・プラスの前提です。

「直感的」という表現が特別な訓練や操作を必要としない
ということも含んでいるので受け入れやすい印象です。

そのためか、経理や帳簿の作成といった処理でも
「直感的」な処理は選択されやすいかもしれません。

いわゆる「単式簿記」、売上や経費を一覧化するだけ
という点で「直感的」です。

個人の事業所得で「白色申告」を選択していれば、
シンプルな帳簿となります。

一方、特典の多い「青色申告」での帳簿作成あれば、
誤解の訂正や効率化の余地があります。

誤解と効率化 誤解と効率化

青色申告の帳簿であれば、

  • 簡易簿記
  • 複式簿記

が選択できます。

簡易簿記であれば「直感的」な帳簿作成となりますが、
青色申告特別控除は10万円に止まります。
 (複式簿記+電子申告であれば65万円の控除です)

また、青色申告の選択では「直感的」な判断だけでなく、
誤解の訂正の余地があります。

青色申告で作成すべき帳簿は、

  • 仕訳帳
  • 総勘定元帳
  • 現金出納帳
  • 売掛帳
  • 買掛帳
  • 経費帳
  • 固定資産台帳

となっています。

パッとみると、ゲンナリしそうです(笑)。

現状、帳簿の作成は会計ソフトで行います。

上記の帳簿の作成で入力が必要な対象は、

  • 固定資産台帳
  • それ以外

と割り切れます。

固定資産台帳は固定資産の購入などのときのみ処理します。

「それ以外」では、仕訳帳や預金出納帳などがあります。

ソフト上での仕訳帳や預金出納帳の入力は自動で転記されるので、
一つ一つの帳簿の作成という処理はありません。

「直感的」な処理ではありませんが、否定する理由がありません(笑)。

また、帳簿作成は「所得税」の申告のためだけでなく、
「消費税」の申告にも必要です。

会計ソフトの利用では、消費税の設定や処理がセットです。

所得税も消費税も必要な数字を集計すれば申告書が作れる
という見方もできます。

とはいえ、両者の処理を分ける理由はありません。

現実には複雑化する傾向の強い消費税の処理と
帳簿の作成は同時並行となります。

誤解と効率化 効率化のご利益

帳簿の作成では、

  • 会計ソフト
  • 複式簿記

を利用することがおすすめです。

経理処理の効率化が期待できます。

上記のようにおすすめすると、

  • 効率化のご利益は何?

とツッコミがありそうです。

青色申告特別控除が享受できるともいえますが、

  • 時間を無駄にしない
  • 特定の時期に経理処理で他の仕事にしわ寄せしない
  • 処理が効率化できるので、先が見通しやすくなる

といった効果が長期ではプラスになります。

「直感的」な判断を見直してみる機会はおすすめです。

 

蛇足
「ご利益」を得るためには締め切りがあります。
青色申告承認申請書の締め切りは、

  • 申告をしようとする年の3月15日まで
  • 1月16日以後の開業であれば2か月以内

となっています。

<ご案内>

■林友範税理士事務所

ご依頼はこちら

■副業をされている方も応援しています!

副業から始める確定申告セミナー動画