PDFの編集 iLovePDFがおすすめ

今の私のおすすめです。


結合ですね。

1PDFを使う場面
2PDFの使いにくさ
3PDF 現在のおすすめはiLovePDF

PDFを使う場面

PDFを使う場面を考えてみます。
大きく分けると、データの発信と受信です。
共通しているのはデータの円滑なやりとりを目指しているというところです。

まずデータの発信です。
エクセルやワード、パワーポイントで作った資料を送る場合に、データのファイル形式をpdfにして保存して作成します。
データの軽量化とともに、受信者側でデータを変更されないようにするための措置ともなります。

次にデータの受信です。
発信の逆なのですが、受信者側ではデータの操作の余地が少ないことがあります。

PDFの使いにくさ

PDFファイルの特徴として、受信側での操作の余地が少ないことが問題です。

以前PDFファイルへの書き込みとしてPDF-Xchange Editorを紹介しました。
<https://haya-nori.com/paperless-start-pdf/>
手軽なのですが、ウェブ上のPDFファイルにはセキュリティがかかっているため書き込み不可のものも多いのです。

PDFファイルのセキュリティを解除する方法はウェブ上でも紹介されています。
(関心のある方は検索してみてください)
セキュリティの解除は可能なのですが、少々面倒です。

セキュリティの解除の他にも、PDFファイルは編集(結合・分割)などでも厄介です。

フリーソフトでの解決方法もありますが、ソフトを使い分ける点で若干の煩わしさを残します。
(我ながら不満タラタラですが・・)

PDF 現在のおすすめはiLovePDF

私の現在のおすすめはiLovePDFです。
https://www.ilovepdf.com/ja

PDFファイルの編集上必要なサービスが揃っていて、操作も簡単です。
画面のインターフェースもシンプルでわかりやすい印象です。

たとえばPDFファイルの結合も、

ウェブ上で操作が完結できます。

ウェブに接続した状態でないと使用できませんが、Windows・Macといった違いも無視できるので充分メリットがあります。

ペーパレスを進める上でPDFファイルの取り扱いは避けられません。

PDFを編集したり、セキュリティの解除を簡単にしたいときに参考にしてください。

 

蛇足
OfficeやPDFとだんだんPC内のソフトが減っていく印象です。

<お知らせ>
セミナー動画販売 副業をされる方も税理士受験者も応援しています!
■オンラインでのやりとりで参考にしてください
「タグ」→「オンライン