バックオフィス業務は「変えられる」よりも「変えていく」が吉!

変えたくとも変えられない壁でさえも変化があります。
おいしい変化が期待できます。


暑い夏に「金沢すいか」

変えていく スイカの変化

2022年(令和4年)の夏は短い空梅雨がさっさと終わり、
長い夏が予想されています。

節電や物価上昇などの不安、コロナ禍第7波の予兆と
気にかかる問題があります。

そうは言っても、夏は夏。

私の住む北陸(石川県)は冬の鉛色の曇り空の期間が長いので、
夏の青空に魅力を感じます。

夏の青空とスイカは相性が良い組み合わせです。

かつて、魅力的なスイカといえば、

  • 甘くて
  • 大きい

という共通認識がありました。

今でも上記のようなスイカは魅力的ですが、
最近はスイカの魅力でも変化がみられます。

スイカの特徴的な変化では小型化があげられます。

家族構成の変化に応じた品種改良や生産の変化が
成果としてスーパーなどでみられるわけです。

変えていく 期待は裏切られない

野菜や果物は品種改良はできますが、時間がかかります。

とはいえ、市場でのニーズに合わせた変化(品種改良)は
無視できません。

時間・労力・資金をつぎ込んで、将来の需要に不安を抱えても
品種改良といった変化をさせていく必要があります。

そうした農業生産の現場と比べて、バックオフィス業務の変化は

  • 時間・労力・資金の投入が小さく
  • 効果が期待できる

というポジティブな魅力があります。

バックオフィス業務では、

  • ペーパーレス化
  • オンライン化
  • キャッシュレス化

といった変化の対象があります。

上記のバックオフィス業務の変化は導入コストや
管理コストがかかるものの、

  • 管理コストの低減
  • 業務の効率化
  • 生産性の向上

といった効果を中長期的に期待できます。

別の面からとらえると、バックオフィス業務の変化は
期待を裏切られない変化ともいえます。

変えていく 現状との隔たりを棚卸してみる

ガラケー携帯が通信設備の変化で徐々に使えなくなるので、
渋々スマホを使うという変化もあります。

一方で、バックオフィス業務は「変えられる」よりも
積極的に「変えていく」が吉です。

周りの環境の変化に流されていくだけの「変えられる」よりも
「変えていく」ことで現状の残念な仕組みやコストがわかります。

現状、大半の件数や金額の決済がキャッシュレス化しているのに

  • 不要な現金の取扱いがある
  • インターネットバンキングを利活用していない

といった残念なケースもあります。
(キャッシュレス決済は誰でもいつのまにかやっています!?)

仕事の仕組みを「変えていく」ととらえると、
変化の前向きな点がわかりやすくなります。

 

蛇足
スイカの変化を販売面からとらえていみると、
カットされた状態での販売も増えている印象です。
スイカの皮が片付けで嫌われていることも
影響しているかもしれません。

<お知らせ>
セミナー動画販売 副業をされる方も税理士受験者も応援しています!
■オンラインでのやりとりで参考にしてください
「タグ」→「オンライン