繁忙期だからこそ! UiPathStudioXでRPA

もう一歩、という発想。

繫忙期だからこそ できたらいいなー、はできない

できたらいいなー、と思うことは多々あります。
・囲碁
・将棋
・ウクレレの演奏
・プログラミング etc

結論から言ってしまうと、漠然とした願望が実現するはずはありません。

税務会計業界は上半期は繫忙期とされています。
個人の確定申告と法人の3月決算(5月申告)が続くからです。

繫忙期の定番は、
・○○やっときゃ良かった
・今年分から△○やろうかな
といったいまさらの後悔と淡い希望の嘆きです。
(人様のことは言えませんが(笑))

実態はというと、
・過ぎてしまったことはどうにもならない
・喉元過ぎれば熱さを忘れる
と一年経ったところで代り映えしません(笑)。

繫忙期だからこそ、もう一歩進む方がマシです。

繫忙期だからこそ UiPathStudioXの再設定

以前RPAのUiPathの紹介をしてどや顔をしていました(笑)。
(RPAでネットプリントを利用する)

便利でもあり、ちょっとした万能感を感じられるRPAを手軽に使えました。

2020年にUiPathの仕様変更もあり、今回は「UiPathStudioX」を再設定しました。

設定は以前と同様に、ブラウザからセブンイレブンのネットプリントにアクセスする処理です。

まず「空のプロセス」から新規作成します。

ブラウザの処理を記録させるだけですので、複雑な処理ではありません。
慣れていないとレコーディングが失敗するかもしれません。

留意点は、
・あらかじめブラウザ(IE)を起動しておく
・「アンカー」により具体的な選択するボタンやチェックリストを確定する
・一通りの処理が終了したら、ESC(エスケープキー)で保存へ
といったところです。

一連の設定は以下を参照していただくことも可能です。

何度か試してみることがおすすめです。

UiPathは無料での利用が可能ですので、敷居は低い印象です。
プログラミングのようなカチッとした厳密さもありません。

繫忙期だからこそ RPAにもショートカットを

StudioXではショートカットの仕様も変更されました。

タスクトレイのAssistantから利用します。

上記で作成したプロジェクトを「パブリッシュ」します。

タスクトレイからAssistantを起動します。

Assistantからも利用できますが、ショートカットの設定がおすすめです。

軽い処理や慣れている処理は意外に放置しがちです。

繫忙期だからこそ、もう一歩踏み込んだ改善のタイミングです。

 

蛇足
今回本文中で配布した記事の関連記事は、
オンラインサービスのお手入れ ステップ記録ツールを利用する
データだからお互い様 WordPress Download Managerでの資料配布

 

<お知らせ>
セミナー動画販売 副業をされる方も税理士受験者も応援しています!
■オンラインでのやりとりで参考にしてください
「タグ」→「オンライン