DX効果をリアルに実感! 年賀状オンライン化から1年後の振り返り

ささやかですが、成果の積み重ねです。

DX年賀状 DXはもっとぐっと身近な成果

2021年(令和3年)も12月です。

前年からのコロナ禍は依然と続いています。

外食業界や旅行業界にとっては予想以上の停滞が続いています。

仕事や生活での行動が制約されているので、
なんとなく変化に乏しい1年という印象があります。

とはいえ、印象と実態は一致していません。

コロナ感染拡大の対応策としてリモートワークが
推進されました。

期待されたほどにリモートワークが普及していない
印象があります。

その一方で、リモートワークに対応して

  • 生産性
  • 効率性
  • 働き方

といった面で前進しているケースもみられます。

DX(デジタルトランスフォーメーション)の継続的な
成果が発揮されているケースです。

と、上記のようにとらえると、ちょっと抽象的です。

もっと、ぐっと身近なDXの効果もあります。

たとえば、私の実家の親の年賀状作成。

DX年賀状 家内工業からファブレス化!?

年賀状、私は10年以上前から距離を置いています。

そんな私とは別に、両親は今でも100通以上の年賀状を
毎年投函しています。

正確にいえば、私がパソコンとプリンタ、書店で購入した素材集で
作成した年賀状を送っていたわけです。

難しい作業というわけではありませんが、時間と労力は
地味に削られます。

昨年2020年(令和2年)からオンラインサービスを利用して年賀状を
発注することにしました。
(実家の親と年賀状 卒業か、オンライン化か?)

地味ですが、年賀状作成のDXを進めたわけです。

パソコンを使って年賀状の準備をするという点では
以前と同じですが、

  • インストールしたソフトではなく、オンラインサービスを利用
  • 住所録をローカルではなく、クラウドで管理
  • 手元のプリンターで印刷するのではなく、印刷業者が印刷

という違いがあります。

家内印刷から外部業者に発注したわけですから、「ファブレス」化
ともいえます。
(「fabrication facility less」の略で製造を委託する生産方式です)

年賀状作成の煩わしさの大部分は印刷の工程です。

カラーを多用して、写真やイラストや文字等のレイアウトを調整し、
インク切れを心配しつつ(笑)、印刷を確認する必要があります。

印刷対象がハガキということで、普通紙に印刷するより
失敗するとへこみます。

年賀状作成のオンライン化、DX化はそうした生産性や効率性での
改善につながりました。

DX年賀状 1年を振り返っていますか?

上記の改善は、1年後の今年にはっきり表れています。

今年も年賀状の作成を同じサービスを利用するため、

  • 年賀状の素材集は購入不要
  • プリンターの整備が不要
  • インクカートリッジの購入が不要
  • 住所録はクラウド保存されているので入力不要

ということで作業はほとんどありません。

発送先の確認と年賀状のイラストの選択だけで済みます。

DXというと目前の処理の向上や生産性やコストの変化が
注目されがちですが、時間をおいてみることで実感できる
変化もあります。

DX、ペーパーレス化、生産性、働き方改革は抽象的な印象ですが、
身近に実感できます。

 

蛇足
オンラインでの住所録の作成は私から母親に移しました。
なんとかなるものです。

<ご案内>

■林友範税理士事務所

ご依頼はこちらから

■副業をされている方も応援しています!

副業から始める確定申告セミナー動画