ファイル検索をListaryで高速化する! キーボード操作だけでサクッと検索!

Windows限定です。
キーボードでは珍しい操作を使います。

ファイル検索 ファイル管理は検索もセット

フロッピーディスクって何ですか?、と尋ねられたとすると、

  • ついにこのときが来たか!

と20世紀からパソコンを使っている者として嘆息たんそくしそうです(笑)。
(幸か不幸か、そういった機会はまだありませんが)

パソコンで使用する記憶媒体が、

  • フロッピーディスク
  • CD・DVD
  • フラッシュメモリ
  • ハードディスク
  • クラウドストレージ

と短い年月でも変化しています。

「フロッピーディスクを知らない子供たち」に出会う日も
そう遠くないでしょう。
(ICTは使えればOK! フロッピーって何で問題ありません!)

データを保存するメディアは変化しています。

その一方で、データを収納しているファイルの管理は
大きな変化がない印象です。

  • わかりやすいファイル名にする
  • ファイル名に統一性をもたせる
  • フォルダの階層を深くしない etc.

上記の工夫はどれも依然として有効です。

ファイルの管理が古典的な課題ですが、、

  • データの利用が欠かせない
  • アクセスに時間を使いたくない

といった理由があり重視されるわけです。

とくにファイルへのアクセスに時間をかけたくない問題は、

  • ファイル検索の効率化

といった課題になります。

ファイル検索 Listaryのインストールと操作

ファイルの検索の高速化では、「Everything」の利用を紹介しました。
(ファイル検索はサクサクと! WinPCファイルはEverythingで検索)

Everythingでのファイル検索は高速です。

検索の効率化という点でEverythingは魅力的です。

とはいえ、唯一の検索高速化ツールではありません。

たとえば、フリーソフト「Listaryリスタリー」。

Everythingniに比べればシンプルなソフトの印象ですが、
ファイル検索の効率化に有効です。

Windows 限定ですが、インストールするだけで利用できます。

インストールすると、操作のチュートリアルがみられます。

Listaryでのファイル検索は、

  • Ctrlのダブルクリックからスタート

とシンプルです。

キーボード操作だけで、ファイル検索が開始できます。

余分な操作は抜きにして、検索したい対象を入力すればOKです。

Listaryは部分一致での検索結果を自動的にポップアップしてくれます。

正確なファイル名と不一致でも、入力しながら検索結果を確認できます。

ファイル検索 万能のツールより使い分け

ファイルの管理は古典的ですが大事な課題です。

「管理」というよりも「検索」の効率化の問題として
解決していくことになります。

検索の効率化では、

  • 操作
  • 検索結果の表示
  • ファイルへのアクセス

での高速化への期待が高まります。

Listaryはそうした期待に応えてくれます。

一方、Everythigは高速でのファイル検索に加えて
複雑な条件設定が可能です。

万能のツールの出現を期待したいところですが、
待っている時間が非効率です(笑)。

  • とりあえず使えるものは使ってみて、
  • 使い分けは後で考える

といった進め方が現実的な折り合いになります。

 

蛇足
記憶媒体の容量の希少性は感じなくなりました。
反面、自分が保存したはずのファイルと「初めまして」
といった出会いをすることも増えてきました(笑)。

<ご案内>

■林友範税理士事務所

ご依頼はこちら

■確定申告のお申し込みはお早めに!

確定申告対応サービス

■災害と税金の情報

災害と税金