ICTは使えればOK! フロッピーって何?で問題ありません! おまけWordPressでルビを振る

フロッピーディスクを机の引出の奥から「発掘」できる
ということも歴戦の強者つわものあかしかもしれません。


とがっています

使う>>知る 現役だった!?

そういえば見かけなくなった、といったモノがあります。

  • レコード
  • カセットテープ
  • フロッピーディスク

上記の内、フロッピーディスクは21世紀初頭には
一般的に利用されていました。

2010年代以降は見かけることも利用されることもない
という印象です。

2020年代からフロッピーディスクを振り返ると、
いにしえの技術かもしれません。

といいたいところですが、上記の認識は誤りです。

フロッピーディスクは「現役」でした。

使う>>知る デジタル完結が身近に

デジタル庁、デジタル臨時行政調査会による構造改革の検討が
進められています。
(デジタル原則は役所の構造改革がターゲットじゃありません!)

その一環で、フロッピーディスクの利用見直しもあげられました。

法令の約1,900条項でフロッピーディスク等の利用の規定あるようです。

情報の管理や効率性の観点から記録媒体の利用はマイナスです。

行政サービスのデジタルでの完結を目標としているので
見直しの動きが強まったわけです。

参考事例として税理士法改正があげられています。

ICTに弱い税理士業界ともいわれますが、先行している部分もあるようです(笑)。

今後はこれまで以上に、行政サービスや手続きでの

  • オンライン化
  • デジタル化

といった変更がはっきりしそうです。

使う>>知る これから使っていく!

ICTをこれまで扱ってこなかった方では、
知識が無いので不安というケースがあります。
(遠回しな拒否感もありますが)

知識不足による不安はスタート時には感じやすいのですが、
利用の妨げにはなりません。

むしろ、古い利用スタイルや知識に振り回されない
という利点もあります。

  • オンライン
  • クラウド
  • ペーパーレス

といったスタイルからのICTの利用開始もアリです。

知識よりも使っている事実が重要です。

 

おまけ

WordPressでブログを投稿・公開していると
漢字の読み仮名の表記も気がかりの対象です。

「漢字(ふりがな)」の表記は手っ取り早く入力できます。

反面、上記の表記が連続すると読みにくい印象です。

一般書籍のようルビを振る選択に魅力があります。

手順は以下の2段階です。

1.「ビジュアル」→「テキスト」に切替

2.HTMLを使用して、ルビの対象となる漢字とふりがなを挿入

  • <ruby>漢字<rt>ふりがな</rt></ruby>

シンプルですが、すっきりした表記となります。

 

蛇足
「ruby」には小型の活字サイズの意味があります。
とはいえ、パソコンで入力しているとHTMLとわかっていても、
プログラミング言語の「Ruby」を連想してしまいます。
Rubyを扱ったことはないんですが(笑)。

<お知らせ>
セミナー動画販売 副業をされる方も税理士受験者も応援しています!
■オンラインでのやりとりで参考にしてください
「タグ」→「オンライン