税理士以外からの有効なアドバイス!?
#確定申告を雑に振り返る

雑多だけど前向きで建設的なツイートだからこそ、
当事者目線で役立ちそうです。

雑に振り返る スカッと忘れる頃じゃない?

2023年(令和5年)3月はソメイヨシノの開花が
例年より早い春となっています。

桜の開花宣言を聞くと春一色となります。

ちょっと前の確定申告さえスカッと忘れます。

と思っていたところ、Twitter上では、

  • #確定申告を雑に振り返る

といった投稿が続いていました。

税理士や税務業界関係者ではない方からの
確定申告での体験記での投稿です。

制度や仕組みの誤解などもあったりしますが、
当事者目線での振り返りは見逃せません。

雑に振り返る 傾向と対策

ツイートを眺めていると、類似の体験の投稿がみられます。

たとえば、期限ギリギリに申告となったケース。

ツイートでは多くみられたトラブルでした。

申告期限に迫られた背景として、

  • 帳簿作成を放置していた
  • 資料の収集に手間どった
  • 電子申告の手順を忘れた
  • 手掛けた時期が3月以降だった

といった原因が挙げられています。

普段手掛けない処理ということで、

  • インクカートリッジ切れ

もトラブル要因だった方もおられたようです、

その一方で、比較的スムーズに申告が完了した
というツイートも多くありました。

  • 資料をあらかじめ1か所にまとめておいた
  • 申告期以前より確定申告を想定していた
  • 定期的に経理処理をしていた
  • 銀行口座を管理していた
  • 会計ソフトを利用した
  • 電子申告を利用した

上記の対策をみると、

  • 特別な対策よりも定番の対策を優先

といった傾向がみられます。

事業の内容や規模によって対策は異なりますが、
定番の対策があることが当事者目線でわかります。

雑に振り返る 来年まで持ち越さない!

「#確定申告を雑に振り返る」のなかには、

  • 今年(2023年令和5年)もすでに3か月経過!

と指摘されている方もおられました。

こっち税理士」側の方かな?、と思ったくらいです(笑)。

事業者といっても、必ずしも毎日経理が必要とはいえません。

といって、1年分処理をため込んでしまうと、

  • 業績を想定した先手が打てない
  • 資料の紛失に気づかない
  • 処理が短期間に収集する
  • 他の業務を圧迫する
  • 間に合わない

と残念な状況に陥ります。

幸い、日本では第2の新年ともいえる4月があります。

「#確定申告を雑に振り返る」を活かせるきっかけになります。

また、2023年10月からは消費税インボイス制度が始まります。

免税事業者であっても登録事業者となる場合、
登録後の消費税も申告・納税対象となります。

「#確定申告を雑に振り返る」からの知見を活かす機会を
来年まで持ち越す理由はありません。

振り返った後は前向きな選択と行動がおすすめです。

税理士への早めの依頼も選択肢の1つです。

 

蛇足
税理士からのアドバイスは有効でも当事者目線とは
隔たりがあるかもしれません。
「#確定申告を雑に振り返る」にはそうしたもどかしさが
垣間見えます。

蛇足2
電子申告(e-Tax)では操作で難儀された方も多かったようです。
「確定申告書等作成コーナー」でのマイナンバーカードの認証で
手間どられるようです。
「作成コーナー」は申告期以外でもアクセス可能です。
「作成コーナー」にアクセスして申告の処理を概観すると、
とるべき選択がイメージしやすくなります。

<ご案内>

■林友範税理士事務所

ご依頼はこちら