終活は登録が必要なのか?
終活と関連するお役所とは?

確定申告をギリギリ提出できた!といえるのは、
申告期限といった締め切りがあるからです。

期限がみえないテーマだからこそ、
ちょっとした知識が準備になります。

終活登録 誰に連絡すれば?

「田舎 地方 近所づきあい」といったことば並ぶと、
ため息が出るかもしれません(笑)。

  • 干渉しないでほしい
  • 面倒くさい
  • 煩わしい

それもそうだよね、という点では田舎であっても
それほど変わらない印象があります。

とはいえ、いざとなると無干渉・没交渉
とはいかない事態もあります。

  • 災害
  • 火災
  • 事故
  • 病気 

普段はおつきあいがない・していない場合でも、
連絡や対応が必要な事態があります。

究極的には、「死後」が想定されます。

「おひとり」や独居生活の際のイレギュラーな事態では、

  • 誰に連絡すれば?

といった問題があります。

終活登録 関連するお役所が増加!?

「終活」が定着しつつあります。

「エンディングノート」の作成が身近な終活といえます。

書店でもウェブ上でもエンディングノートのひながたが
みつけられます。

お役所でもエンディングノートを配布していることもあります。

エンディングノートを作成しておくことで、
時間を経ても意思表示が可能になります。

一方で、エンディングノートの存在が知られないと、
期待通りの状況にならない問題があります。

一部の自治体では、

  • 「終活登録」

といった行政サービスが始まっています。

たとえば、横須賀市。

登録できる対象は下記の通りです。

エンディングノートや遺言書を保管や登録するのではない
といった留意点があります。

横須賀市の「わたしの終活登録」は万が一の時

  • 本人の意思表示
  • 関係先への情報連絡

での行政サービスといえます。

「終活登録」は終活の一環となります。

一手詰めや自己完結での終活の仕組みではない
ともいえます。

終活登録 複数の役所で意思を残す選択肢

終活のなかでも「遺言」は重要な存在です。

相続開始以降、相続人の利害を左右します。

遺言の残し方は下記の通りです。

  • 自筆証書遺言
  • 公正証書遺言
  • 秘密証書遺言

自筆証書遺言といっても保管においては
法務局が関与する仕組みがあります。
 (法務局と終活のつながりとは?)

公正証書遺言であれば公証役場で作成・保管
ということで知られています。

秘密証書遺言も公証役場が関与します。

死後や相続が関連するお役所といえば
税務署も思い当たります。

しかし、税務署と直接かかわるのは、

  • 相続開始後
  • 相続人

となります。

生前の「終活」では本人の意思次第で、

  • 自治体
  • 公証役場
  • 法務局

と関わる選択肢があります。

「終活」は義務も役所への届が必要なわけでもありません。

一方で、本人の意思を伝えるために複数の役所を利用する
といった選択肢があります。

利用できる期限が「生前」となっているので
検討は先送りがちとなります。

まずは知識の補充や仕組みの理解がおすすめです。

 

蛇足
2023年(令和5年)のソメイヨシノの開花は
北陸(石川県)でも早い時期となりました。
入学式の時期とはズレが生じますが、
観光客にとっては良好なようです。
金沢市でも国内外の観光客が増えています。

<ご案内>

■林友範税理士事務所

ご依頼はこちら

■確定申告のお申し込みはお早めに!

確定申告対応サービス

■災害と税金の情報

災害と税金