YouTubeを快適に使う ショートカットとAdBlockの切替

メディアの大移動時代でしょうか。

YouTubeを快適に メディアの大移動

出版という古典・正統ともいえるメディアが長期低落傾向にあります。
紙の本に愛着があり、盛況な書店にいくためか、ピンとこない印象はあります。

また、音や映像のメディアの代表格であるテレビも勢いは感じません。
インターネットに視聴者の時間をとられている印象です。
むしろ、最近ではテレビでもYouTube(以下ユーチューブ)のコンテンツが紹介されることも多くあります。

コロナ禍で、テレビ番組での再放送が続いていたのと対照的に、ユーチューブでは次々とコンテンツが配信されています。
メディアの大移動といったところです。

YouTubeを快適に ショートカットで快適に

私がユーチューブを視聴する機会は、コロナ禍でのステイホームの影響もあり、格段に増えました。

毎月に通信量が数十ギガ単位になるとは、1年前でさえ想定していませんでした。
ビデオ会議やユーチューブで通信利用が激変したわけです。

ユーチューブの視聴が増えると、利便性も高めたくなります。
テレビの視聴でリモコンが欠かせなくなるのと同じです。
(私がテレビのリモコンを始めて使ったのは、小学2年生の頃だったと記憶しています)

パソコンでユーチューブを視聴するときのリモコンの代わりがショートカットの利用です。

私がよく使っているショートカットは以下の通りです。
・「k」:一旦停止と再生
・「shift+>」:再生速度アップ → 情報収集を重視するときによく使います
(「shift+<」:再生速度ダウン → 外国語の聞き取りなど)
・「←(矢印)」:5秒巻き戻し
(「→(矢印)」:5秒早送り)

ショートカットはどんなコンテンツを視聴するかで、利用する種類や頻度が異なります。

自分の利用スタイルと相性の良いショートカットを試してみることが、お勧めです。

YouTubeを快適に AdBlockの留意点

ユーチューブの視聴で煩わしさを感じるのが、広告です。
視聴中に集中が途切れます。

私が利用しているのは、「AdBlock(以下アドブロック)」です。
広告収入で成り立っているユーチューブではありますが、chromeウェブストアで取り扱われています。

ブラウザchorome(以下クローム)の拡張機能として、広告をブロックするわけです。

利用してみると、ちょこちょこ邪魔をしていた広告が入り込まず快適に視聴できました。

が、しかし、落とし穴がありました。
アドブロックの拡張機能をオンにした状態では、以下の不備がみられたことです。
・クレジットカード決済が処理できなかった
・ユーチューブからログオフしようとしても、「ログアウト」がいつまでたっても表示されなかった

上記のトラブルには、一旦アドブロックをオフにする必要がありました。

アドブロックのオン・オフの切替は以下の通りです。
・クロームの右上にある3つの点をクリックして、「設定」

設定より「拡張機能」を選択して、アドブロックの機能を切替

 

情報の収集としても便利なユーチューブですが、スタンドアロンのテレビとの違いを感じます。

ユーチューブをよく利用される方は、参考にしてください。

 

蛇足
「放送」や「配信」ということばも、いずれ今より身近な営みとして表現されるんでしょうか?

<お知らせ>
セミナー動画販売 副業をされる方も税理士受験者も応援しています!
■オンラインでのやりとりで参考にしてください
「タグ」→「オンライン